チューリンガー・ワルト(英語表記)Thüringer Wald

世界大百科事典 第2版の解説

チューリンガー・ワルト【Thüringer Wald】

ドイツ中央部を北西から南東にのびる山脈。北西をウェーザー川支流のウェラ川に,南東をエルベ川支流のザーレ川に限られ,ウェーザー川水系,エルベ川水系,ライン・マイン川水系の分水界をなす。南東部はフランケン・ワルトに続いている。標高650~850mで,最高峰は中央部のベールベルクBeerberg(982m),次いでシュネーコップ(978m),インゼルスベルク(916m)。山稜線に沿ってドイツトウヒの林の中に古くからの道が通じ,林業が盛んに行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android