コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズール ズール Dzúr, Martin

3件 の用語解説(ズールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズール
ズール
Dzúr, Martin

[生]1919.7.12. プロシュティーン
[没]1985.1.15.
チェコスロバキアの軍人,政治家。第2次世界大戦中はソ連軍,次いでチェコスロバキア軍に加わった。 1943年非合法共産党に入党。戦後,国防省などに勤務,52年党籍剥奪,53年名誉回復。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ズール
ズール
Suhl

ドイツ中部,チューリンゲン州の都市。チューリンガーワルト西麓,エルフルトの南西約 50kmに位置する。 1527年に都市権を獲得。 16世紀以降,銃器生産地として知られた。 16~17世紀の城,バロック様式のクロイツ教会 (1731~39) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズール
ずーる
Suhl

ドイツ中部、チューリンゲン州の都市。チューリンガー・ワルト山地南西麓(ろく)、標高440メートルの地にある。人口4万8000(2000)。地名は「食塩泉」を意味するゾールSoleに由来する。カリと鉄鉱石の採掘が行われ、16世紀なかばから三十年戦争(1618~48)のころまでは、ヨーロッパでもっとも重要な武器製造地であり、鉄鉱業と鉄加工業は17、18世紀が最盛期であった。今日でもスポーツおよび狩猟用の銃砲製造が行われる。ほかに、モーターバイク、計算機、剃刀(かみそり)、家庭用品、大工道具の生産がある。1239年に記録に現れ、1527年都市の特許状を得た。15世紀の教会、16、17世紀の城などが残っている。
 1952~90年には旧東ドイツに同名の県があり、面積3856平方キロメートル、東ドイツ最小の県であった。チューリンガー・ワルト山地中には保養地が多く、山間の低地には工業が散在している。[佐々木博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ズールの関連キーワードユーゲントシュティールカロシュティー文字シュティールシュテッフルシュルデシュティデセシュティプロシュットティッシュテニスプロシュテル ピュアアンドフリーキッシュティム岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ズールの関連情報