コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツトウヒ ドイツトウヒPicea abies; spruce

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツトウヒ
Picea abies; spruce

マツ科の常緑高木,ヨーロッパトウヒともいう。ヨーロッパに広く分布し,林業上の重要樹種の一つとされる。高さ 30~50mの壮大な樹形をなし,樹形が美しいので公園や庭園の造園樹として栽培され,日本でもしばしば栽植されている。またパルプ材としても重要である。クリスマスツリーとして多く用いられている。防風林にもされ,北海道などでは鉄道の防風,防雪林に植えている。日本のトウヒ (唐檜) に比べて葉や球果が大きく,葉の断面が四角形をなすことなどの点で区別される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ドイツトウヒ

トウヒ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツトウヒ
どいつとうひ
norway sprucecommon spruce
[学]Picea abies (L.) Karst.

マツ科の常緑針葉高木。オウシュウトウヒともいう。大きいものは高さ70メートル、径2メートルに達する。葉は暗緑色で光沢があり、先端は鋭くとがり、多少曲がる。雌雄同株。5~6月、開花する。雄花、雌花ともに頂生。球果は下垂し、トウヒ属のなかでもっとも大きく、円筒形または長楕円(ちょうだえん)形で長さ10~20センチメートル、径3~4センチメートル、10月、鮮褐色に熟す。ヨーロッパに広く分布するほか各国で植栽され、100種以上の変種が知られている。日本には明治中期に導入され、中部地方以北の本州、北海道などに植林されている。陰樹で、適潤性の軽い土壌でよく育つ。浅根性で風に弱い。庭園樹、公園樹、防風樹、防雪樹として植えられる。材は建築、器具、楽器、パルプなどに利用し、クリスマス・ツリーとしても賞用される。[林 弥栄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のドイツトウヒの言及

【トウヒ(唐檜)】より

…緻密(ちみつ)な材が楽器,家具,建築材として賞用される。ドイツトウヒ,別名オウシュウトウヒP.abies (L.) Karst.(英名common spruce,Norway spruce)(イラスト)はヨーロッパの代表的な林業樹種で,北部から中央部まで広く分布する。下枝が下垂し枯れ落ちないので広く防風・防雪林としても植えられる。…

※「ドイツトウヒ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドイツトウヒの関連情報