コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チン丘陵 チンきゅうりょうChin Hills

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チン丘陵
チンきゅうりょう
Chin Hills

ミャンマー西部,インドとの国境にある山岳地帯。南はラカイン山地,北はマニプール山脈に続く。平行に走るいくつかの山脈から成り,2000~3000mの山が連なる。最高点は南部のビクトリア山 (3053m) 。峻険で,急流が深い谷を刻む。降水量は多く,密林が広がり,平地には密生した竹林が多い。歴史的にインドとミャンマーの民族,文化の境界をなしてきた。チン族と総称される山岳民族が住み,焼畑農業などに従事する。おもな農産物は,トウモロコシジャガイモ,ムギ,果物。行政的にはチン州を形成している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チン丘陵
ちんきゅうりょう
Chin Hills

ミャンマー西部、インドとの国境をなす山地。北はナガ丘陵に、南はアラカン山脈に連なる。第三紀の褶曲(しゅうきょく)山地で数条の険しい山脈が並行。「丘陵」と称するが2000メートルを超える山地が多く、最高点は南部のビクトリア山(3053メートル)。チベット・ビルマ系の民族集団チンが住み、焼畑(トウモロコシ)や狩猟などに従事している。行政上はチン州を形成し、一般に人口は希薄である。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のチン丘陵の言及

【アラカン[山脈]】より

…南北の距離は1100kmもあるが,東西の幅は最も広い所で240kmしかない。山脈の北部はナガ丘陵,中部はチン丘陵と別称される。行政的には北部がサガイン管区,中部はチン州,南部はアラカン州にそれぞれ所属する。…

※「チン丘陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チン丘陵の関連キーワードシナ・チベット系諸族チベット=ビルマ語族アラカン[山脈]マニプル[州]カーラーダン川ミゾラーム州ファラムカレワ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android