コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チーリン(吉林)特別市 チーリンJilin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チーリン(吉林)〔特別市〕
チーリン
Jilin

中国東北地方,チーリン省中部にある工業都市。チャンパイ (長白) 山地西麓の丘陵地帯にあり,大部分がソンホワ (松花) 江の上流である第二ソンホワ江と支流のホイファー (輝発) 河の流域。中部にフォンマン (豊満) ダムで形成されたソンホワ湖がある。チーリン市の4つの市区と2市3県から成る。市区は第二ソンホワ江の左岸にあり,トンペイ (東北) 平原中部の交通の要衝として,靺鞨,契丹,女真などに重視されてきた。明代からは河港としても開け,清代初期には水軍の造船所がおかれた。 1907年チーリン省の成立とともに省都となり,人民共和国成立後,その地位はチャンチュン (長春) 市に譲ったが,化学工業の中心地となっている。鉱物資源に恵まれ,チヤオホー (蛟河) 市,シューラン (舒蘭) 県は石炭,ホワティエン (樺甸) 市はオイルシェールを産する。またシェンチー (瀋吉) 鉄道,チャントー (長図) 鉄道の交点にあるため,チャンパイ山地の鉱山町や林業地域からの輸送も容易である。再建されたフォンマンダムや,これらの資源を基礎に,1954~55年には肥料,染料,カーバイドの三大化学工場が建設され,中国最大の化学工業都市となった。また冶金,製紙,機械などの工業も発達。大型の火力発電所もある。周辺の農村部ではコムギ,ダイズ,トウモロコシ,水稲,タバコなどを栽培。チョウセンニンジン,鹿茸,テンの毛皮を産するが,採集に代って栽培,飼育がふえている。ソンホワ湖は漁業が盛んで,行楽地ともなっている。郊外のロンタン (竜潭) 山には新石器時代の集落跡や金代の城址がある。北西郊のペイシャン (北山) 公園は市街を一望できる景勝地である。人口 418万 3136,うち市区人口 132万 170 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android