コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツボカビ chytrids

世界大百科事典 第2版の解説

ツボカビ【chytrids】

鞭毛菌類ツボカビ綱Chytridiomycetesの菌。水中に多くいる菌で,腐ったものに生育しているが,寄生生活をするものもある。一般に発達の程度は低く,単細胞で球形をしているものが多い。代表的なものでは球形の細胞が成熟すると,そのままの形で内部に運動性の鞭毛をもった遊泳細胞(遊走子)ができ,外へ出て新しい場所に泳ぎつき,鞭毛を捨ててしだいにふくらみ,元の単細胞の姿にもどる。マツヨイグサに寄生するサビフクロカビ(サビツボカビ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ツボカビの関連キーワードネツキツボカビ(根付壺黴)サビツボキン(銹壺菌)サカゲツボカビ類ツボカビ(壺黴)ヘテロタリズムオルピディウムカワリミズカビツボカビ類蛙壺黴症鞭毛菌類性の分化水生菌類二毛菌類菌類分布古生菌類変形菌類配偶子藻菌類卵菌類菌界

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android