コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツマグロヨコバイ ツマグロヨコバイNephotettix cincticeps

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツマグロヨコバイ
Nephotettix cincticeps

半翅目同翅亜目ヨコバイ科ヨコバイ亜科。体長 (翅端まで) 5mm内外で,形はややセミに似る。全体に鮮緑色であるが,頭頂前縁に沿って黒色横帯があり,翅端は雄では黒色,雌では淡褐色である。イネの大害虫として知られ,吸液するほかウイルス病を媒介する。北海道,本州,四国,九州,南西諸島,台湾,朝鮮,中国に分布する。九州以南には数種の近縁種がみられる。 (→ヨコバイ )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ツマグロヨコバイ

半翅(はんし)目ヨコバイ科の昆虫の一種。体長5mm内外,体は黄緑色。翅端部は雄は黒色,雌は淡褐色。北海道を除く日本,中国,台湾に分布。幼虫・成虫ともにイネ科植物特に水稲の汁を吸い,萎縮(いしゅく)病,黄萎病などを媒介する害虫。
→関連項目ヨコバイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツマグロヨコバイ
つまぐろよこばい / 褄黒横這
[学]Nephotettix cincticeps

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目ヨコバイ科に属する昆虫。翅端までの体長は4.5~6ミリメートル。体は黄緑色ないし淡緑色で、複眼間には黒色横帯があり、雄の翅端は広く黒色。雄の体腹面は黒色。本州以南、東南アジア各地に分布する。イネ科草本にすみ、とくにイネの害虫として有名。イネの汁を吸うだけでなく、その際、ウイルス性の萎縮(いしゅく)病などをおこすファイトプラズマを媒介する。少なくとも年4回発生し、普通、幼虫態で越冬。沖縄諸島など南方には、近縁種のクロスジツマグロヨコバイN. nigropictusやタイワンツマグロヨコバイN. virescensなどが多く、両種ともイネの萎縮病や黄萎病を媒介する大害虫である。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツマグロヨコバイの関連キーワードツマグロヨコバイ(端黒横這)タマゴヤドリコバチセスジアカムネグモカーバメート殺虫剤イネ萎縮ウイルスマラソン(農薬)ダイアジノンスミチオンマラソン剤マラソン横這い

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android