コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツマジロウラジャノメ ツマジロウラジャノメ Lasiommata deidamia

2件 の用語解説(ツマジロウラジャノメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツマジロウラジャノメ
ツマジロウラジャノメ
Lasiommata deidamia

鱗翅目ジャノメチョウ科。前翅長 32mm内外。翅は黒褐色で,翅表には前翅に1個,後翅に2個の不明瞭な眼状紋があり,前翅には中央で切れる白色帯がある。後翅裏面には6個の眼状紋がある。成虫は年1~3回出現する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツマジロウラジャノメ
つまじろうらじゃのめ / 褄白裏蛇目蝶
[学]Lasiommata deidamia

昆虫綱鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科に属するチョウ。北海道、本州、四国に産するが、産地は一般に局部的である。岩肌の露出した崖(がけ)や山の稜線(りょうせん)の岩場にみることが多い。国外では樺太(からふと)(サハリン)、朝鮮半島、中国からチベット、ウラル地方に分布する。ヨーロッパには産しない。はねの開張55ミリメートル内外。暖地では年3回の発生(5~6月、7月、8~9月)、高地帯では年2回の発生(6~7月、8~9月)、さらに寒冷地では年1回の発生。幼虫の食草はヒメノガリヤス、イワノガリヤス、ヤマカモジグサなどのイネ科。幼虫態で冬を越す。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツマジロウラジャノメの関連キーワードダイセツタカネヒカゲ木の間蝶蛇の目蝶日陰蝶キマダラヒカゲ東雲町コジャノメコノマチョウ(木の間蝶)ジャノメチョウ(蛇の目蝶)ヒメジャノメ(姫蛇の目)