コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツリア ツリア Tullia

2件 の用語解説(ツリアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツリア
ツリア
Tullia

古代ローマの王セルウィウス・ツリウスの娘。悪女として有名。彼女は義兄タルクイニウス・スペルブスと再婚して王妃となるために,夫アルンス・タルクイニウスと父を相次いで殺すことをスペルブスに強いたといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ツリア
ツリア
Turia

前 19年のローマの執政官 (コンスル ) ルクレチウス・ウェスピロの妻。貞女として有名。前 48年婚約者ウェスピロと結婚したが,彼は共和派に属したため,ユリウスカエサル暗殺後は逮捕される運命にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツリアの関連キーワードマリウスマルケルス執政官ネルワファビウスローマの祭カトー[大]スキピオ[大]アエミリウス・パウルスピソ・フルギ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツリアの関連情報