コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テアトル・デュ・ソレイユ Théâtre du Soleil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テアトル・デュ・ソレイユ
Théâtre du Soleil

フランスの劇団。「太陽劇団」の意。 1967年に演出家 A.ムヌシュキンによって設立され,A.ウェスカーの『調理場』やシェークスピアの『夏の夜の夢』を上演。 28万人の観客を動員した野外劇『1789年』 (1970) は,即興の要素を大幅に取入れた集団制作によって,民衆の立場からフランス革命を描く一大スペクタル。同様に集団制作による『黄金時代』L'Âge d'Or (75) では,コメディア・デラルテにならって仮面をつけた役者が演じた。 76年に四散するが,K.マンの『メフィスト』 (79) 上演以降,シェークスピアを東洋演劇のスタイルを借りて身体表現の極限を提示し表現するなど,再び精力的活動を続けている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テアトル・デュ・ソレイユの関連キーワードアリアーヌ ムヌーシュキンエレーヌ シクスーフランス演劇アラバール

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android