ティエン・チュアンチュアン(読み)てぃえんちゅあんちゅあん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティエン・チュアンチュアン
てぃえんちゅあんちゅあん / 田壮壮
(1952― )

中国の映画監督。4月1日、北京(ペキン)の生まれ。元俳優で北京映画撮影所の初代所長をつとめた父と、元女優の母という映画一家の次男として誕生するが、両親は文化大革命の最中に迫害され、壮壮も1968年に下放され、吉林(きつりん/チーリン)省で青春期を過ごす。その後は入隊、農業映画の助手を経て、1978年に再開した北京電影学院監督科に入学。1982年に共同監督作『紅象』でデビュー。『狩り場の掟(おきて)』(1984)で内モンゴル、『盗馬賊』(1986)でチベットを舞台に据え、辺境に生きる人々と厳しい自然をみつめた作風で「第五世代」の旗手と目される。激動の中国現代史に迫る大作『青い凧(たこ)』(1993)で東京国際映画祭の最高賞を受賞するが、国内の検閲を経ていなかったため、以後10年間の監督活動停止処分を受ける。2002年、長いブランクの末に『春の惑い』で復活し、その後は『呉清源 極みの棋譜』(2006)などを発表。プロデューサー業も積極的にこなしている。[石坂健治]

資料 監督作品一覧

紅象〈紅象〉(1982)
九月〈九月〉(1984)
狩り場の掟〈猟場札撤〉(1984)
盗馬賊〈盗馬賊〉(1986)
鼓書芸人〈鼓書芸人〉(1988)
ロック青年〈揺滾青年〉(1988)
特別手術室〈特別手術室〉(1988)
清朝最後の宦官 李蓮英(リーリェンイン)〈大太監李蓮英〉(1990)
青い凧〈藍風箏〉(1993)
春の惑い〈小城之春〉(2002)
呉清源 極みの棋譜〈呉清源〉(2006)
ウォーリアー&ウルフ〈狼災記〉(2009)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ティエン・チュアンチュアンの関連情報