コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティカル国立公園 ティカルこくりつこうえんTikal National Park

3件 の用語解説(ティカル国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティカル国立公園
ティカルこくりつこうえん
Tikal National Park

グアテマラ北部,ペテン県にあるティカル遺跡を中心とする国立公園。面積 574km2。 1957年指定。前 600年頃から人が住み,3~9世紀のマヤ文明古典期には政治・宗教・経済の中心地として栄え,10世紀に遺棄されたティカルは 17世紀末スペイン宣教師によって発見されたが,本格的な発掘調査が始められたのは 19世紀になってからであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ティカル国立公園【ティカルこくりつこうえん】

グアテマラ北部,ペテン地方にある国立公園。丘陵地の密林の中に,前6世紀から後10世紀にいたるマヤ文化の巨大な都市遺跡がある。中央の広場を中心に,高さ約70mの階段状ピラミッド双頭の蛇の神殿〉をはじめ,〈ジャガーの神殿〉〈仮面の神殿〉などの神殿や宮殿がいくつも建つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界遺産詳解の解説

ティカルこくりつこうえん【ティカル国立公園】

1979年に登録されたグアテマラ世界遺産複合遺産)。同国北部のペテン地方にある、マヤ文明の最大かつ最古の都市遺跡である。ティカル一帯には紀元前からマヤ人たちが定住し、熱帯雨林を切り開き、焼き畑農業によるトウモロコシの栽培を行っていた。4~8世紀が最盛期とされる。海抜250mの密林の奥深くにあるティカルの中心的な遺跡は、高さ51mのピラミッド型の「大ジャガーの神殿」で、最上部の神殿入り口にジャガーの彫刻が発見されたことがその名前の由来である。このほか、同様にピラミッド型である「仮面の神殿」「双頭の蛇の神殿」などが残されている。◇英名はTikal National Park

出典|講談社
世界遺産詳解について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone