ティスタ川(読み)ティスタがわ(英語表記)Tīsta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティスタ川
ティスタがわ
Tīsta

インド亜大陸北東部を流れる川。ブラマプトラ川支流ヒマラヤ山中,インドのシッキム州を発して南東流,バングラデシュに入り,ランプル南東約 45kmの地点でブラマプトラ川 (合流点より下流ジャムナ川と呼ばれる) に注ぐ。全長約 400km。ヒマラヤの融雪水や夏季大雨により,しばしば洪水を起し,平野部での流路は不安定。かつてはパドマ川に流入していたが,1787年の大洪水以来,ブラマプトラ川に注いでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティスタ川
てぃすたがわ
Tista

インド北東部およびバングラデシュ北部を流れるブラマプトラ川の支流。シッキム・ヒマラヤの氷河地域に発源し、ヒマラヤ山脈を横切って流下し、北ベンガル平野を涵養(かんよう)し、バングラデシュのチルマリ付近でブラマプトラ川に合流する。全長約480キロメートル。流域の山地にはダージリン、カリンポンなどの避暑地があり、ガントクは旧シッキム王国の首都である。流域の山腹にはダージリン・ティーで有名な茶園が広がる。

[中田 高]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例