ティベリアス湖(読み)ティベリアスコ

  • Sea of Tiberias

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスラエル北東部、ヨルダン地溝帯の底に位置する淡水湖。ガリラヤGalilee湖ともいう。南北約20キロメートル、東西約8キロメートル、面積165平方キロメートル。水面標高は地中海面より212メートル低く、淡水湖では地球上最低点にある。水深は50メートルに達する。ヨルダン川が北から流入し南へ流出する。イスラエルにとって不可欠の水源で、湖水は飲料・工業・灌漑(かんがい)用としてガリラヤ地方一帯を潤すばかりでなく、南部のネゲブ砂漠の開発にも利用されている。湖には魚類も豊富である。付近にはユダヤ教にまつわる聖跡が多く、湖の西岸には紀元後26年に建設された古都ティベリアスがある。

[高橋和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android