コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティベリアス湖 ティベリアスコ

デジタル大辞泉の解説

ティベリアス‐こ【ティベリアス湖】

Sea of Tiberias》「ガリラヤ湖」に同じ。チベリアス湖。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティベリアス湖
てぃべりあすこ
Sea of Tiberias

イスラエル北東部、ヨルダン地溝帯の底に位置する淡水湖ガリラヤGalilee湖ともいう。南北約20キロメートル、東西約8キロメートル、面積165平方キロメートル。水面標高は地中海面より212メートル低く、淡水湖では地球上最低点にある。水深は50メートルに達する。ヨルダン川が北から流入し南へ流出する。イスラエルにとって不可欠の水源で、湖水は飲料・工業・灌漑(かんがい)用としてガリラヤ地方一帯を潤すばかりでなく、南部のネゲブ砂漠の開発にも利用されている。湖には魚類も豊富である。付近にはユダヤ教にまつわる聖跡が多く、湖の西岸には紀元後26年に建設された古都ティベリアスがある。[高橋和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ティベリアス湖の関連キーワードヒッティーンの戦アムッド洞穴人ヨルダン[川]アムッド洞窟ティベリアスアムッド人ネゲブ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android