聖跡/聖蹟(読み)セイセキ

デジタル大辞泉の解説

せい‐せき【聖跡/聖×蹟】

《古くは「せいぜき」とも》
天子が行幸した地や帝都の旧跡。
聖人の事跡。また、その遺跡。しょうせき。「―巡礼」
すぐれた筆跡。
「いかなる―重宝なりとも、あとかたなく消えうせんには、なにの益かあらん」〈著聞集・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android