ティボーデ(英語表記)Thibaudet

百科事典マイペディアの解説

ティボーデ

フランスの文芸批評家。主として《NRF》で活動。マラルメフローベールバレリースタンダールらを論じた。また,モーラスベルグソンの研究,《批評の生理》《文学の反省》,未完の《フランス文学史,1789年より今日まで》などで知られる。ベルグソンの影響下に,生の持続を根底とする総合的批評を確立。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ティボーデ【Albert Thibaudet】

1874‐1936
フランスの批評家。処女作《ステファヌ・マラルメの詩》(1912)で,当時まだ理解者のすくなかったこの詩人のなかに20世紀の重要な文学的課題を見抜いたその眼識は,1912年以降《NRF(エヌエルエフ)》誌で担当した時評欄〈省察〉では,文学の新しい動向への柔軟な理解として発揮される。また《ギュスターブ・フローベール》(1922)では,作家の生を作品へとつなぐ文学の秘密を生成・持続の相で鮮やかにとらえた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のティボーデの言及

【文芸批評】より

…19世紀以前にも批評家は存在する。しかし,批評なるものは存在しない〉というA.ティボーデの定義の生まれるゆえんはここにある。 19世紀は第1に,文学作品の多量の生産と消費の始まった時代であり,それと並行する新聞・雑誌ジャーナリズムの伸長は,公衆のために批評を書く多くのジャーナリズム批評家,いわゆる時評家を生んだ。…

※「ティボーデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android