ティマール制(読み)てぃまーるせい(英語表記)Timār

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティマール制
てぃまーるせい
Timr

オスマン帝国の軍事封土制。その起源はアラブのイクター制、ビザンティン帝国のプロノイア制などに求められる。オスマン帝国では、征服した領土を兵士に分与し、そこから得られる租税を給与のかわりに徴収させた。この土地をディルリク(生計の意)といい、封土は収入に応じて、大きい順に、ハス(年間収入10万アクチェ以上。アクチェは貨幣単位)、ゼアメット(年間収入2万~10万アクチェ)、ティマール(年間収入3000~2万アクチェ)に分けられた。封土の大部分はティマールで、その保有者スィパーヒーは「ジェベリ」とよばれる完全武装の従者を養成し、戦時には自ら出征することが義務づけられた。平時、スィパーヒーは封土の近くに居住し、農業生産管理と治安の維持にあたった。16世紀末以後、東西貿易路の転換、人口増加、インフレ、徴税請負制の普及などを契機としてこの制度は崩れ始め、その軍事的、社会的機能は喪失し、19世紀中ごろに廃止された。[永田雄三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android