コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テクノクラシー テクノクラシー technocracy

翻訳|technocracy

6件 の用語解説(テクノクラシーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テクノクラシー
テクノクラシー
technocracy

ギリシア語の teknē (技術) と krateō (支配する) に由来する言葉。「技術による支配」の意。 1930年代の初めにアメリカの H.スコットが提唱した概念であるが,専門技術者による政治支配を意味する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

テクノクラシー(technocracy)

テクノクラートが政治や社会の支配権をにぎる体制。または、それを是認する思想。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

テクノクラシー

1932年―1933年に米国で一時的に流行した技術主義的な社会経済思想資本主義の混乱,富の偏在や浪費に批判的な立場に立ち,分配の公平,公共の福祉が有能な技術家の指導により可能と主張し,能率と公正がその基本的な理念であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

テクノクラシー【technocracy】

国家の政策が,専門家の専門知識にもとづく勧告によって決定されるような政治体制を指す言葉として,今日では使われているが,元来は,1932年から33年にかけてアメリカで爆発的に流行した思想運動のかかげたスローガンである。 テクノクラシーという言葉を考案したのは,アメリカの発明家スミスWilliam Smithであるとされているが,このように命名される思想自体は,20世紀初頭のアメリカの時代思潮であるといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

テクノクラシー【technocracy】

1930年代のアメリカに興った技術家による一種の社会改良主義。今後の社会経済は資本家ではなく、優秀な専門技術家(テクノクラート)が支配管理し、科学的・合理的に運営すべきであると主張した。
テクノクラートによって管理される社会体制。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テクノクラシー
てくのくらしー
technocracy

科学的知識や高度の行政・管理能力を有する専門家(テクノクラートあるいはテクノクラットとよばれる)が政策決定過程のなかで重要な位置を占め、事実上権力を行使しているシステムのことをいう。このような考え方は、古代ギリシアプラトン以来つねに存在してきたといえるが、近代ヨーロッパにおいてはサン・シモンによって主張された。20世紀前半のアメリカにおいてベブレンウィリアム・H・スミス(『テクノクラシー 国家的産業経営』1919年発表)などによって主張された一種の社会改良主義としてテクノクラシーは登場し、1930年代恐慌が深刻化した時期にもっとも強く主張され、大統領F・D・ルーズベルトニューディール政策にもある程度の影響を与えたといえる。しかしアメリカにおいてはニューディール政策が成功したため、かえって資本主義の組織化・計画化を説く技術主義的な経済思想としてのテクノクラシーは忘れ去られてしまったといえよう。
 第二次世界大戦後このことばは、より広い現代の政治・経済・社会的な政策決定機構の特質としての専門家支配を意味するようになった。J・メイノーは著書『テクノクラシー』(1964)において、高級行政官僚、軍の参謀将校、科学技術などの分野でいわゆるテクノクラートの台頭が著しいと指摘している。科学技術が進歩した今日においては、それらの知識を有し、活用する能力をもつ者が政策決定の中枢に参画しうる可能性はますます増大している。経営専門家、行政官僚、法律家、職業軍人、技師、医師、大学教員、科学者などが専門職として確立した今日、彼らのなかからの統治エリートの出現は目覚ましいものがある。しかも今日では巨大な組織が出現し、行政権が飛躍的に拡大したため、一般国民はそれらの組織や政府の仕組みを理解しにくくなっており、大規模かつ複雑化した政治・経済・財政などに関する計画立案や政策形成にあたる専門家を必要としている。こうした状況の下に、東西を問わず、先進産業社会ではいずれもテクノクラシーへの傾向を強めてきた。たとえばソ連においてさえ、テクノクラートの進出は著しく、事実上ソ連の共産党と政府を支配していたのは、党官僚、政府官僚、高級軍人など、いずれにしても専門職務について徹底的に訓練され、高度の専門知識をもっているはずのテクノクラートであり、彼らがいわゆるノーメンクラツーラなのである。ヨーロッパ諸国のなかでもっともテクノクラシーの色彩が強いのはフランスであり、ドゴールが第五共和政を施行して以来、国立行政学院(ENA)をはじめとするグランゼコールとよばれるエリート養成機関を好成績で卒業し、財務監督官や国務院参事官となったエリート官僚の政界への進出が著しく、ジスカール・デスタンはそのよい例である。しかもこの傾向は政権が左翼に移っても同様であり、ミッテランもテクノクラートを重用した。[川野秀之]
『ジャン・メイノー著、寿里茂訳、清水幾太郎責任編集『現代思想5 テクノクラシー』(1973・ダイヤモンド社) ▽梶田孝道著『現代社会学叢書 テクノクラシーと社会運動――対抗的相補性の社会学』(1988・東京大学出版会) ▽M・S・ヴォスレンスキー著、佐久間穆・船戸満之訳『ノーメンクラツーラ――ソヴィエトの支配階級』新訂・増補(1988・中央公論社) ▽ニール・ポストマン著、GS研究会訳『技術vs人間――ハイテク社会の危険』(1994・新樹社) ▽小野清美著『テクノクラートの世界とナチズム――「近代超克」のユートピア』(1996・ミネルヴァ書房) ▽ブルース・ヌスバウム著、田原総一朗訳『テクノクラシー』(講談社文庫) ▽大淀昇一著『技術官僚の政治参加――日本の科学技術行政の幕開き』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テクノクラシーの関連キーワードエキスパートシステム諸子百家専門家専門語ナニー専門員国際栄養科学連合営業職員教育の専門課程福井県原子力安全専門委員会タオルソムリエ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テクノクラシーの関連情報