コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テグネール Tegnér, Esaias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テグネール
Tegnér, Esaias

[生]1782.11.13. ベルムランド,チュルチェルド
[没]1846.11.2. エストラボ
スウェーデンの詩人。貧しい牧師の末子に生れ,ルンド大学に学び,29歳で母校のギリシア語教授となった。 42歳のときスモーランド地方のベクシェーの主教に任じられた。 1840年憂鬱症が高じて錯乱状態となり,晩年は狂気と正気の間を彷徨して精神病院で死んだ。代表作は全国民を愛国心に奮い立たせた長詩『スベア』 Svea (1811) ,古代アイスランドのサガをもとにした叙事詩『フリチヨフのサガ』 Fritiofs saga (25) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

テグネール

スウェーデンの詩人。ギリシア語教授を経て司教になったが晩年発狂状態となり世を去った。愛国詩《スベア》(1811年)などで名声を得た。長編叙事詩《フリティヨフ物語》はアイスランドサガに想を得て,古代北欧の英雄の愛の物語を歌ったもので,国外でもゲーテなどの激賞を得た。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テグネール【Esaias Tegnér】

1782‐1846
スウェーデンの詩人,ルンド大学ギリシア語教授,司教でもあった。愛国詩《スベア》(1811)はナポレオン戦争の余波として,従来スウェーデン領であったフィンランドがロシアに割譲されたことへの憤懣をふまえて書いたもの。代表作の長編叙事詩《フリティヨフ物語》(1825)発表後は,詩人としての活動は停滞,40年発狂状態となってからは回復することがなかった。政治的には極端な王党派の立場にいた。【田中 三千夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

テグネール【Esaias Tegnér】

1782~1846) スウェーデンの詩人。代表作、叙事詩「フリチョフ物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のテグネールの言及

【フリティヨフ物語】より

…スウェーデンの詩人テグネールの長編叙事詩,1825年刊。彼の代表作で完成まで5年の歳月を要した。…

※「テグネール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テグネールの関連キーワードスウェーデン文学カールスタードイェイエルゴート同盟

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android