コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディエゴ・デ・サンタ・カタリナ Diego de Santa Catalina

朝日日本歴史人物事典の解説

ディエゴ・デ・サンタ・カタリナ

没年:1636.6.1(1636.6.1)
生年:生年不詳
スペイン人フランシスコ会士。ビベロ・イ・ベラスコとフランシスコ会士ムニョスを仲介として,徳川家康がスペイン国王のもとに日本・メキシコ通商交渉のため派遣した使節の答礼として,1613年フェリペ3世により遣日使節に任命された。元和1(1615)年8月浦賀に到着。日本はすでに禁教令下にあり,スペイン側が通商に熱意がなく,その親書が宣教師の保護を求めるのみであったために冷たくあしらわれ,翌年成果なく日本を去った。メキシコ修道院長および評議員を務め,1625年に故郷のサン・パブロ管区へ戻った。<参考文献>L.ペレス著・野間一正訳『ベアト・ルイス・ソテーロ伝』

(野間一正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

ディエゴ・デ・サンタ・カタリナの関連キーワードディエゴ・デ・サン・フランシスコディエゴ・デ・サン・フランシスコ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android