コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英勝寺 エイショウジ

デジタル大辞泉の解説

えいしょう‐じ【英勝寺】

神奈川県鎌倉市にある浄土宗の尼寺。山号は東光山。開創は寛永13年(1636)、開山は玉峯清因(ぎょくほうせいいん)(徳川頼房の娘)で、代々水戸徳川家の娘が住持となる。阿仏尼の墓がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

英勝寺
えいしょうじ

神奈川県鎌倉市扇ヶ谷(おうぎがやつ)にあり、浄土宗に属する尼寺。東光山と号する。徳川家康に寵愛(ちょうあい)された梶(かじ)の方(のちお勝の方)が一女を夭死(ようし)させたため、家康は彼女を哀れんで徳川頼房(よりふさ)の後見役とした。お勝の方は家康の没後、出家剃髪(ていはつ)して英勝院長誉清春(ちょうよせいしゅん)と改名、1634年(寛永11)幕府より当地に寺地を得、寺を建立したのが草創。のち頼房の娘を尼とし、玉峯清因(ぎょくほうせいいん)と名づけ当寺の開山とした。以来、水戸(みと)徳川家の娘が住持となったので水戸御殿とよばれた。本尊は阿弥陀三尊像。仏殿、祠堂、唐門、鐘楼などは創建当初のもので、県指定重要文化財。[大鹿実秋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

英勝寺の関連キーワード菊池南洲英勝院扇ガ谷

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android