コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英勝寺 エイショウジ

2件 の用語解説(英勝寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えいしょう‐じ【英勝寺】

神奈川県鎌倉市にある浄土宗の尼寺。山号は東光山。開創は寛永13年(1636)、開山は玉峯清因(ぎょくほうせいいん)(徳川頼房の娘)で、代々水戸徳川家の娘が住持となる。阿仏尼の墓がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

英勝寺
えいしょうじ

神奈川県鎌倉市扇ヶ谷(おうぎがやつ)にあり、浄土宗に属する尼寺。東光山と号する。徳川家康に寵愛(ちょうあい)された梶(かじ)の方(のちお勝の方)が一女を夭死(ようし)させたため、家康は彼女を哀れんで徳川頼房(よりふさ)の後見役とした。お勝の方は家康の没後、出家剃髪(ていはつ)して英勝院長誉清春(ちょうよせいしゅん)と改名、1634年(寛永11)幕府より当地に寺地を得、寺を建立したのが草創。のち頼房の娘を尼とし、玉峯清因(ぎょくほうせいいん)と名づけ当寺の開山とした。以来、水戸(みと)徳川家の娘が住持となったので水戸御殿とよばれた。本尊は阿弥陀三尊像。仏殿、祠堂、唐門、鐘楼などは創建当初のもので、県指定重要文化財。[大鹿実秋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

英勝寺の関連キーワード極楽寺高徳院安国論寺光触寺杉本寺本覚寺明月院光則寺西福寺宝戒寺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

英勝寺の関連情報