コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディオゲネス ディオゲネス Diogenēs ho Seleukeus

4件 の用語解説(ディオゲネスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ディオゲネス(Diogenēs ho Seleukeus)

[前240ころ~前152]古代ギリシャの哲学者。バビロニアセレウケイアの生まれ。クリュシッポスの弟子。ストア学派の学頭としてタルソスゼノンの後継者。セレウケイアのディオゲネス。バビロニアのディオゲネス。

ディオゲネス(Diogenēs ho Sinōpeus)

[前404ころ~前323ころ]古代ギリシャの哲学者。キニク学派アンティステネスの弟子。世俗の権威を否定し、自然で簡易な生活の実践に努め、「樽の中のディオゲネス」と呼ばれた。アレクサンドロス大王との問答は有名。
[補説]日光浴中のディオゲネスにアレクサンドロス大王が「望みはないか」とたずねたところ、「そこに立たれると日陰になるのでどいてほしい」と答えたという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ディオゲネス

古代ギリシアの哲学者。黒海沿岸のシノペの生れ。アンティステネスの弟子でキュニコス学派の代表的人物。禁欲・自足・無恥を信条とし,因襲から解放された自由生活を実践。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ディオゲネス【Diogenēs】

〔D. Laertios〕 三世紀頃のギリシャの伝記作家。ラエルテの出身。「有名諸哲学者の生活と意見」はギリシャ哲学史の貴重な資料。ディオゲネス=ラエルティオス。
〔D. ho Seleukeus〕 (前240頃~前152) ギリシャの哲学者。バビロニアのセレウケイアの出身。初期ストア学派の一人。タルソスのゼノンの後継者。セレウケイアのディオゲネス。バビロニアのディオゲネス。
〔D. ho Sinōpeus〕 (前404頃~前323頃) 古代ギリシャのキニク学派の思想家。黒海沿岸のシノペの出身。アンティステネスの弟子。文明は反自然的なものであるとし、自足・無恥をモットーとして、樽に住むなど奇行と逸話に富む伝説的人物。シノペのディオゲネス。樽のディオゲネス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディオゲネスの関連キーワードエパミノンダスカサンドロスヒポクラテスギリシャ語ギリシャ文字アポロニウス于定国ツキディデスポリビオス有若

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ディオゲネスの関連情報