コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディオゲネス ディオゲネスDiogenēs ho Seleukeus

4件 の用語解説(ディオゲネスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ディオゲネス(Diogenēs ho Seleukeus)

[前240ころ~前152]古代ギリシャの哲学者。バビロニアセレウケイアの生まれ。クリュシッポスの弟子。ストア学派の学頭としてタルソスゼノンの後継者。セレウケイアのディオゲネス。バビロニアのディオゲネス。

ディオゲネス(Diogenēs ho Sinōpeus)

[前404ころ~前323ころ]古代ギリシャの哲学者。キニク学派アンティステネスの弟子。世俗の権威を否定し、自然で簡易な生活の実践に努め、「樽の中のディオゲネス」と呼ばれた。アレクサンドロス大王との問答は有名。
[補説]日光浴中のディオゲネスにアレクサンドロス大王が「望みはないか」とたずねたところ、「そこに立たれると日陰になるのでどいてほしい」と答えたという。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ディオゲネス

古代ギリシアの哲学者。黒海沿岸のシノペの生れ。アンティステネスの弟子でキュニコス学派の代表的人物。禁欲・自足・無恥を信条とし,因襲から解放された自由生活を実践。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ディオゲネス【Diogenēs】

〔D. Laertios〕 三世紀頃のギリシャの伝記作家。ラエルテの出身。「有名諸哲学者の生活と意見」はギリシャ哲学史の貴重な資料。ディオゲネス=ラエルティオス。
〔D. ho Seleukeus〕 (前240頃~前152) ギリシャの哲学者。バビロニアのセレウケイアの出身。初期ストア学派の一人。タルソスのゼノンの後継者。セレウケイアのディオゲネス。バビロニアのディオゲネス。
〔D. ho Sinōpeus〕 (前404頃~前323頃) 古代ギリシャのキニク学派の思想家。黒海沿岸のシノペの出身。アンティステネスの弟子。文明は反自然的なものであるとし、自足・無恥をモットーとして、樽に住むなど奇行と逸話に富む伝説的人物。シノペのディオゲネス。樽のディオゲネス。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ディオゲネスの関連キーワード2E3E4E遺失物召喚財団債権召喚数理統計南信濃ディオゲネス

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ディオゲネスの関連情報