ディオゲネス(英語表記)Diogenēs ho Seleukeus

デジタル大辞泉の解説

ディオゲネス(Diogenēs ho Seleukeus)

[前240ころ~前152]古代ギリシャの哲学者。バビロニアセレウケイアの生まれ。クリュシッポスの弟子。ストア学派の学頭としてタルソスのゼノンの後継者。セレウケイアのディオゲネス。バビロニアのディオゲネス。

ディオゲネス(Diogenēs ho Sinōpeus)

[前404ころ~前323ころ]古代ギリシャの哲学者。キニク学派アンティステネスの弟子。世俗の権威を否定し、自然で簡易な生活の実践に努め、「樽の中のディオゲネス」と呼ばれた。アレクサンドロス大王との問答は有名。
[補説]日光浴中のディオゲネスにアレクサンドロス大王が「望みはないか」とたずねたところ、「そこに立たれると日陰になるのでどいてほしい」と答えたという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ディオゲネス

古代ギリシアの哲学者。黒海沿岸のシノペの生れ。アンティステネスの弟子でキュニコス学派の代表的人物。禁欲・自足・無恥を信条とし,因襲から解放された自由生活を実践。樽(たる)に住む極端に簡素な生活はアレクサンドロス大王に羨望(せんぼう)されたという。裸同然の風体,公衆の面前での性交,白昼に明かりを手に〈人間はおらぬか〉とよばわったなど,奇嬌な言行にまつわる逸話が伝わる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ディオゲネス【Diogenēs】

〔D. Laertios〕 三世紀頃のギリシャの伝記作家。ラエルテの出身。「有名諸哲学者の生活と意見」はギリシャ哲学史の貴重な資料。ディオゲネス=ラエルティオス。
〔D. ho Seleukeus〕 (前240頃~前152) ギリシャの哲学者。バビロニアのセレウケイアの出身。初期ストア学派の一人。タルソスのゼノンの後継者。セレウケイアのディオゲネス。バビロニアのディオゲネス。
〔D. ho Sinōpeus〕 (前404頃~前323頃) 古代ギリシャのキニク学派の思想家。黒海沿岸のシノペの出身。アンティステネスの弟子。文明は反自然的なものであるとし、自足・無恥をモットーとして、樽に住むなど奇行と逸話に富む伝説的人物。シノペのディオゲネス。樽のディオゲネス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ディオゲネス

(Diogenēs)
[一] 古代ギリシアの哲学者。シノペの生まれなので「シノペのディオゲネス」と呼ばれた。キュニコス派犬儒学派)の代表者。自足と無恥が幸福のために必要と説き、反文化的で自由な生活を実践。(前四〇四頃‐前三二三頃
[二] 古代ギリシアの哲学者。「セレウケイアのディオゲネス」「バビロニアのディオゲネス」とも呼ばれる。ストア派のゼノンの後継者。(前二四〇頃‐前一五二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディオゲネスの関連情報