コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディレッタンティズム(英語表記)dilettantism

翻訳|dilettantism

大辞林 第三版の解説

ディレッタンティズム【dilettantism】

学問や芸術を趣味として愛好すること。道楽。好事こうず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディレッタンティズム
でぃれったんてぃずむ
dilettantism

専門家以外の者が道楽や趣味から学問・芸術などの精神的活動、とくに芸術創作にいそしむこと。イタリア語のdilettare(楽しむ)を語源とし、それに携わる人をディレッタントとよぶ。このような現象は、独立した職業としての芸術家が成立し、芸術が市民階級に浸透した18世紀後半に出現したものであるが、美学、芸術論などでは、ディレッタント通有の精神態度・傾向の総称としてこの概念を用いるようになった。この場合には、同様の態度で芸術を鑑賞する場合も含み、真の美的体験に備わるべきたいせつな何かを欠いているという意味で、否定的ニュアンスが含まれることが多い。ゲーテは、とくに自己の行為を客観的に反省しようとする批判精神を欠いているとし、主観主義におぼれたひとりよがりに陥るものとして性格づけた。またガイガーMoritz Geiger(1880―1937)は、作品そのものを閑却して自己の感情の享楽に精神を奪われる(内方集中)点において、作品自体に精神を集中する(外方集中)真の美的体験とは異なるとした。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android