コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主観主義 シュカンシュギ

3件 の用語解説(主観主義の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅかん‐しゅぎ〔シユクワン‐〕【主観主義】

哲学で、真理や価値の基準を主観のうちにのみ帰して、それらの客観性を認めない立場。⇔客観主義
客観的諸条件を無視して、自己の主観的判断にのみ依拠する態度。⇔客観主義
刑法理論で、刑事責任の根拠を主として犯人の意思または性格に求める立場。⇔客観主義

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅかんしゅぎ【主観主義】

認識や実践上の問題を人間の個人的ないし超個人的主観を基礎にして考え、主観から独立した真理や価値の客観性を考慮しない立場。
客観的情勢を考慮せずに、自己の主観に基づいて行動したり考えたりする態度。
〘法〙 刑法理論上の一立場。犯罪の原因を行為の主体である犯人の反社会的性格や危険性に求め、これらを改善して社会をその危険から防衛することを刑法の任務とし、また刑罰は応報ではなく改善・教育であり、目的刑であるとする理論。主観主義刑法理論。
▽↔ 客観主義

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主観主義
しゅかんしゅぎ

主観論」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の主観主義の言及

【刑法理論】より

… 新派の主張を図式的に要約すると,(1)意思の自由を否定し,犯罪を行為者の性格と環境から生ずる必然的現象とみる立場から(意思決定論),(2)犯罪行為を反社会的性格の徴表であるとし(犯罪徴表説),(3)罰せられるべきは,自由意思の発現とされてきた〈行為〉ではなく〈行為者〉であるとした(行為者主義)。そして,(4)犯罪の成立について行為者の反社会的性格・動機などの主観的側面を重視し(主観主義,性格責任論),(5)そのような反社会的性格による社会的危険性をもつ者は,社会が自己を防衛するためにとる一定の措置を甘受しなければならない負担を負うとした(社会的責任論)。そして,(6)刑罰は行為者の反社会的性格を改善・教育するための手段であって(改善刑論,教育刑論),(7)行為者の再犯の予防を目的とするものであり(特別予防論),(8)このようにして社会を犯罪から防衛するのである(社会防衛論)と主張した。…

※「主観主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

主観主義の関連キーワード成義政府の承認チェリー人・仁・任・妊・忍・認花菱CA局認可保育所農業者ア・プリオリ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

主観主義の関連情報