コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディール ディール Diehl, Karl

3件 の用語解説(ディールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディール
ディール
Diehl, Karl

[生]1864.3.27. フランクフルトアムマイン
[没]1943.5.12. フライブルク
ドイツの経済学者。ベルリンイェナ,ハレの各大学に学んだのち,ハレ,ロストク,ケーニヒスベルク,フライブルクの各大学教授を歴任。社会哲学の流れを継承し,経済現象を解釈するのに社会法的把握のうえに立ち,個別経済から出発する限界効用学派経済学を排して,現実の社会的経済的条件を考慮すべきことを強調した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ディール(deal)

(物を)取引すること。売買。取引。「外交的なディールを行う」「ディールスピードが上がる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディール
でぃーる
Karl Diel
(1864―1943)

ドイツの経済学者。ベルリン、イエナ、ハレの大学に学び、ケーニヒスベルク、フライブルク大学の教授を歴任。業績は多方面にわたるが、若い時代からプルードンリカードマルクスなどへの学説史研究を進めた。彼はリカードなどの古典派経済学から出発しながらも、その自然法則的理論を排し、また、当時勃興(ぼっこう)した限界効用学派をも退けて、経済を社会・法律的基礎に立脚して扱うことを主張し、社会法学的経済学を提唱した。『社会主義・共産主義・無政府主義について』(1906)、『理論的国民経済学』全四巻(1916~33)、『資本主義の法律的基礎』(1929)の著作は、彼の経済学の形成過程を示している。[村橋克彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディールの関連キーワードフランクフルトフランクフルトソーセージフランクフルターアルゲマイネフランクフルト大聖堂フランクフルト証券取引所フランクフルトへの乗客フランクフルト放送交響楽団フランクフルトマラソンフランクフルト・ムゼウム管弦楽団フランクフルター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ディールの関連情報