コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限界効用学派 げんかいこうようがくは marginal utility school; Grenznutzschule

2件 の用語解説(限界効用学派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

限界効用学派
げんかいこうようがくは
marginal utility school; Grenznutzschule

主観価値学派とも呼ばれる。経済学において価値論の基礎を主観的な価値評価である限界効用の理論におく経済学者の総称。限界革命を起した W.S.ジェボンズ,C.メンガー,L.ワルラスの3人を古典派経済学から区別して用いられるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

限界効用学派【げんかいこうようがくは】

限界効用が財の価値を決定するとする経済学派。1870年代に英国のジェボンズオーストリアメンガースイスワルラスが別個に提唱し,限界革命と呼ばれる経済学体系の再建をもたらした。
→関連項目クラーク経済学ゴッセン新古典派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

限界効用学派の関連キーワードオーストリア学派価値学説ケインズ学派主観価値説スウェーデン学派効用価値説マネタリスト古典派遊部久蔵河津暹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone