コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限界効用学派 げんかいこうようがくはmarginal utility school; Grenznutzschule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

限界効用学派
げんかいこうようがくは
marginal utility school; Grenznutzschule

主観価値学派とも呼ばれる。経済学において価値論の基礎を主観的な価値評価である限界効用の理論におく経済学者の総称。限界革命を起した W.S.ジェボンズ,C.メンガー,L.ワルラスの3人を古典派経済学から区別して用いられるようになった。狭義には C.メンガーに続いて限界効用一元論的立場を最も徹底させたオーストリア学派をさすが,広義には L.ワルラスにより創設されたローザンヌ学派,A.マーシャルを創始者とするケンブリッジ学派,P.ウィックスティードとロンドン学派,J.B.クラークらのアメリカの経済学者の一部などをも含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

限界効用学派【げんかいこうようがくは】

限界効用が財の価値を決定するとする経済学派。1870年代に英国のジェボンズ,オーストリアのメンガー,スイスのワルラスが別個に提唱し,限界革命と呼ばれる経済学体系の再建をもたらした。
→関連項目クラーク経済学ゴッセン新古典派

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

限界効用学派の関連キーワード近代経済学ディール制度学派シェフレ歴史学派経済学史河上肇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android