コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デカップリング decoupling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デカップリング
decoupling

生産,消費あるいは貿易にひずみを与えない方法で農民の生活を支持するという考え方を示す用語。その目的は,自国の農業政策が他国に及ぼす影響を最小にすることにある。具体的には,農民の生活費を生産,消費あるいは貿易に影響を与えない方法で支給することが考えられる。ガット・ウルグアイ・ラウンドの農業交渉においてアメリカは,補助金はすべて 10年間で撤廃という提案を行なったが,その例外の一つとしてデカップリングをあげている。しかし ECは生産,消費あるいは貿易に全く影響を与えないデカップリングはありえないとし,これはアメリカが自らの補助金システムの維持を狙うものとして反対した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

デカップリング

生産刺激的な農業政策と市場歪曲的・貿易歪曲的な手段による農業所得政策とのつながりを、切り離すこと。米国と欧州共同体(EC、1993年よりEU)は、1973年の食料危機をきっかけに、積極的な規模拡大・投資や価格政策によって増産を図った。そのため、80年代には過剰生産と財政負担が大きな問題となり、農業保護削減政策構想としてのデカップリングの必要性が強調されるようになった。米国では、過剰生産を生み出す不足払い(市場価格が目標価格より低い時、差額を支給)と生産対策の結び付きをなくし、該当作物の作付けの有無にかかわらず定められた直接所得補償を行い、それを漸減するという手段がとられた。また欧州では、条件不利地域や農業の環境保全機能への支払いシステムがデカップリング政策として採用された。いずれも、消費者に負担を課す価格支持から、財政による所得補償へと重点が移っている。EUのクロスコンプライアンスはデカップリング政策として位置付けられている。

(池上甲一 近畿大学農学部教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

デカップリング(decoupling)

《「デカプリング」とも》切り離し。離すこと。分離。非連動。「アメリカ経済の減速に左右されないデカップリングの市場動向が期待される」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

デカップリング

農業政策において,政府が農産物への補助金支給で農家を支えるのではなく,所得政策で農家を助成するという考え方。この二つの政策を切り離す(decouple)ことをデカップリングという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

デカップリング【decoupling】

切り離し。分離。
農業保護のため、生産刺激的機能と所得補償機能を切り離し、価格支持をやめ、農家に対して直接的な所得補償を行う政策。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のデカップリングの言及

【農業政策】より

… なお,アメリカとEUはWTO再交渉をにらんですでに新たな農業政策を展開している。アメリカの農業政策はニューディール以来60年にわたって,農産物供給過剰による価格暴落に伴う農業所得の激減を生産調整と農産物価格支持によって補償することが中心であったが,1996年農業法によって生産調整を廃止し,作付を完全に自由化するとともに,農産物価格を通じた不足払い制度による間接的な農業所得補償制度を廃止して,生産とはリンクしない直接所得補償(デカップリングという)を導入し,農業政策の大転換を行った。また土壌保全を図る一方,環境保全型農業の奨励の方向を明確にした。…

※「デカップリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デカップリングの関連キーワード農業者戸別所得補償制度デカップリング論世界貿易機関共通農業政策CAP

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デカップリングの関連情報