コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デスノス デスノス Desnos, Robert

3件 の用語解説(デスノスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デスノス
デスノス
Desnos, Robert

[生]1900.7.4. パリ
[没]1945.6.8. チェコスロバキア,テレジン
フランスの詩人。催眠状態での夢の口述に特殊な才能を示して,初期シュルレアリスム運動の方向づけに大きな役割を果した。 1930年その運動から離れ,より柔軟なスタイルで驚異と感傷に満ちた世界を創造した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

デスノス【Robert Desnos】

1900‐45
フランスの詩人。パリ生れ。1920年にペレを通じてブルトンらと知りあう。シュルレアリスムの前提をなす催眠実験の過程で,眠ったまま不可思議な詩を書くなど,常ならぬ霊媒的能力を発揮し,グループ内の重要人物となる。24年の運動発足後もシュルレアリストとして活動,《自由か愛か!》(1927)のような特異な詩的散文を発表する。28年に除名されてからはジャーナリストとなるが,夢に対する強い関心は生涯変わらなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デスノス
ですのす
Robert Desnos
(1900―1945)

フランスの詩人。シュルレアリスム運動に参加、ブルトンの主宰する集団催眠の実験では特異な霊媒的資質を発揮し、『ローズ・セラビィ』(1922)、『喪のための喪』(1924)などの詩集で自動記述的なことば遊びの才能をみせた。やがて民衆言語や古典的詩法にひかれ、シュルレアリスムを離れ、叙情とユーモアをたたえた幻想的詩風を確立するとともに、ラジオや映画などの新分野でも活躍。ほかに性の絶対的自由を唱えた散文『自由か愛か』(1927)、詩集『肉体と財』Corps et Bien(1930)、『財産』Fortunes(1942)などがある。第二次世界大戦中は対独抵抗運動に加わり、抵抗詩を秘密出版したが、ゲシュタポに逮捕されてチェコスロバキアの収容所で病死した。[田中淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のデスノスの言及

【シュルレアリスム】より

…この実験の結果,思考の純粋かつ原初的な姿に触れうると信じた彼らは,アラゴン,エリュアールらとともに,その確信にもとづく新しい思想と運動の可能性を探りはじめた。20年からはツァラ,ピカビアらのパリ・ダダの運動に参加するが,他方,ペレ,デスノス,クルベル,エルンストらの詩人,画家を加えて,夢や催眠術,霊媒現象などの実地研究を行い,それらを通じて,理性の統御を受けないオートマティックな思考の存在を確認,これをかりに〈シュルレアリスム〉と名づける。ダダと決別したのち,24年に《シュルレアリスム宣言》(ブルトン起草)を発表し,それまでの活動を理論的に総括しつつ,思考の解放,想像力の復権,夢・狂気・不可思議の再検討等の主張を唱えるとともに,機関誌《シュルレアリスム革命Révolution surréaliste》を創刊,さらに〈シュルレアリスム研究センター〉を開設(1925)して,正式に集団的運動を発足させた。…

【ファントマ】より

…ピエール・スーベストルPierre Souvestreとマルセル・アランMarcel Allainの新聞連載小説に基づくルイ・フイヤード監督作品。《ファントマ第1編・ベルタム事件》《ファントマ第2編・黒衣の人》《ファントマ第3編・不思議な指紋》《ファントマ第4編・仮面舞踏会の悲劇》《ファントマ第5編・偽りの長官》の5編からなり,さらに第1編が3話30場,第2編が4話46場からなるという形式のシリーズで,〈もっともおどろくべき冒険,もっとも予期できない突発事件,もっともおそろしい犯罪,もっとも複雑な葛藤(かつとう),そして自由と詩の大きな息吹き〉が当時のフランスのシュルレアリストを熱狂させ,詩人ロベール・デスノスは次のようなファントマ賛の詩を書いた。〈巨大なその影はのびる/世界の上にそしてパリの上に/沈黙のなかから浮かびでる/灰色の目のこの亡霊はなにものか?/ファントマよ それはお前か?/屋根のうえに立ちあがるのは?〉(飯島正訳)。…

※「デスノス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デスノスの関連キーワードイルドフランスグレーズサマンペイネジャベスパリジャンフランスパンコペーフランスソワールテスラン・ド・ボール

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デスノスの関連情報