デファクトスタンダード(読み)デ ファクト スタンダード

ASCII.jpデジタル用語辞典「デファクトスタンダード」の解説

デファクトスタンダード

事実上の標準」。ISOJISといった国内外の標準化機関が定めていないにもかかわらず、市場競争の結果、グローバルスタンダードが成立していること。逆に、標準化機関などによって定められた規格をデジュリスタンダードという。メーカー独自の技術や仕様を使った製品が市場により多く普及することによって、他のメーカーの製品もその規格に対応するようになり、その規格が事実上の標準となる。製品がデファクトスタンダードを確立すると、製品の国際競争力が付いて市場が大幅に拡大し、大きな利潤を得られる。例としては、通信規格のTCP/IPWindows OS、Blu-ray、メモリーカード市場でのSDカードなどが挙げられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典「デファクトスタンダード」の解説

デファクトスタンダード【de facto standard】

事実上の標準。国際機関や業界の標準化団体により公的に承認された標準ではなく、市場の実勢や評価により標準として広く普及している規格や製品。パソコン向けのオペレーティングシステムWindows、インターネットの通信規約であるTCP/IPQWERTY配列キーボードなどがある。◇「de facto」はラテン語で「事実上の」の

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「デファクトスタンダード」の解説

デファクト‐スタンダード(de facto standard)

《de factoはラテン語で「事実上の」の意》ISOJISなどの規格制定機関の認定によるのではなく、市場競争を勝ち抜くことによってその業界の標準と見なされている規格。事実上の標準。業界標準ディファクトスタンダード。→デジュールスタンダード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のデファクトスタンダードの言及

【電子情報の国際標準】より

…こうしてその製品の技術仕様が〈事実上〉の標準となることがある。これをデファクト標準(デファクトスタンダード)という。かつて汎用コンピューターが利用の中心であった時代では,その大半のシェアを占めていたIBM社の打ち出す技術仕様がデファクト標準であった。…

※「デファクトスタンダード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android