コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュルフェ Urfé, Honoré d'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュルフェ
Urfé, Honoré d'

[生]1567.2.11. マルセイユ
[没]1625.6.1. ビルフランシュシュルメール
フランスの小説家。南フランス,フォレ地方の,ルネサンスの影響を受け文芸を愛好する貴族の家に生れ,トゥルノン学院に学んだのち,カトリック同盟に参加,2度捕われの身となる。アンリ4世が勝利を収めたあと,母方の姻戚サボイア家を頼って亡命,隠棲,田園詩『シレーヌ』 Sirène (1604) ,ネオ・プラトニズムが認められる『道徳書簡』 Épîtres morales (1598~1608) を著わす。韻文で書かれた長大な牧歌物語『アストレ』L'Astrée (5部,07~27) は,恋愛心理の分析において同時代の文学,感情生活に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デュルフェ【Honoré ďUrfé】

1567‐1625
フランスの小説家。南フランス,フォレ地方の豪族の家に生まれ,教養が高く,特にルネサンスプラトン主義の影響を受けた。宗教戦争ではカトリックに加担,戦後一時亡命することもあったが,後にアンリ4世の宮廷に出入りした。1607年より小説《アストレAstrée》を発表し始め,ただちに大成功を得た。生前に第3巻まで刊行,死後すぐに第4巻,さらに完結編の第5巻は生前のノートを基に秘書バロが発表した。これはキリスト教導入以前のゴール地方,フォレ地方を背景にして牧童セラドンと羊飼い娘アストレの恋物語を中心に,多くの牧童たちのさまざまな恋のかけひきを描いたもので,人間の魂の高揚,徳の完遂と恋愛とを合致させるべきものとする理想主義を基本とした恋愛論議が語られている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュルフェ
でゅるふぇ
Honor d'Urf
(1567―1625)

フランスの小説家。マルセイユの生まれ。南フランスの教養ある貴族で、宗教戦争に敗れてサボアに亡命するなど波瀾(はらん)の多い生活を送った。愛する女性アストレに、あくまでも忠実なセラドンの恋を描いた牧歌小説の『アストレ』L'Astre五部(1607~28。死後は秘書バロBalthazar Baro〈1600―50〉の手で書かれている)は大成功を収め、その詩情と恋愛談義はもてはやされ、17世紀フランスの感受性に大きな影響を与えた。[福井芳男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デュルフェの関連キーワードビルフランシュシュルメールカトリック同盟ゴンベルビル福井芳男牧人小説隠棲メレ牧歌韻文

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android