コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュロン=プティの法則 デュロンプティのほうそく

百科事典マイペディアの解説

デュロン=プティの法則【デュロンプティのほうそく】

固体元素の原子熱は,炭素,ホウ素などの少数の例外を除くと,ほとんど一定で約25J/deg(気体定数Rの約3倍)であるという法則。1819年デュロンとプティが発見。
→関連項目デュロンプティ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デュロンプティのほうそく【デュロン=プティの法則 Dulong‐Petit’s law】

デュロンPierre Louis Dulong(1785‐1838)とプティAlexis Thérèse Petit(1791‐1820)によって1819年に発見された,固体の定積モル比熱Cvについての経験法則。固体が何であるかによらずCv=3R(Rは気体定数)であるとする。古典的なエネルギー等分配の法則で説明されるが,低温では量子性が表れるために成り立たない。アインシュタインの比熱式【小林 俊一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のデュロン=プティの法則の言及

【エネルギー等分配の法則】より

…固体中で分子が格子振動するときには,さらに位置エネルギーが加わるが,これに対しても,運動エネルギーと同様,3/2kTの熱エネルギーが分配される。その結果,固体では分子は全体で3kTの熱エネルギーをもつようになり,モル比熱がほぼ3R(Rは気体定数)になるというデュロン=プティの法則が導かれる。ただし,これらの法則は低温になって量子効果が働く場合には成立しない。…

【比熱】より

…アルゴンなどの単原子気体では定積モル比熱Cvは3/2R,水素,酸素などの2原子気体ではCv=5/2R,多原子気体ではCv=3Rに近い。 固体の比熱に関しては,その定積モル比熱Cvが3Rに等しいというデュロン=プティの法則や,アインシュタインによるアインシュタインの比熱式,これを改良したデバイによるデバイの比熱式がある。デバイの比熱式は,格子振動を連続体の弾性振動(縦波と二つの横波)でおきかえることによって導かれたもので,絶対温度をTとして,と表される。…

※「デュロン=プティの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デュロン=プティの法則の関連キーワードアインシュタインフォノン格子振動

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android