コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュロンプティの法則 デュロンプティノホウソク

デジタル大辞泉の解説

デュロンプティ‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【デュロンプティの法則】

固体元素原子熱、すなわち比熱原子量との積は、常温付近ではどれもほとんど等しいという法則。1819年、フランスの化学・物理学者デュロン(P.L.Dulong)と物理学者プティ(A.T.Petit)とが発見。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

デュロンプティのほうそく【デュロンプティの法則】

固体の原子熱は、少数の例外を除き、常温付近ではほぼ一定であるという法則。1819年にフランスのデュロンとプティ(A. T. Petit1791~1820)の発見したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android