デ・クーニング(英語表記)Willem de Kooning

世界大百科事典 第2版の解説

デ・クーニング【Willem de Kooning】

1904‐97
アメリカの画家。抽象表現主義の代表的作家。オランダロッテルダムに生まれ,〈デ・ステイル〉の運動にふれた後,1926年アメリカに渡る。29年ゴーキーと出会い,ともにピカソに刺激される。またポロックの作品に形態の抽象化を学ぶ。50年から描きはじめた〈女〉シリーズは,醜悪な肉塊女体を激しい筆触で描き,実存主義的な人間像として話題を呼んだ。以後,剛直な筆触で抽象度をつよめた奔放な画面を描いたが,その根底には,肉体と風景を重ね合わせたビジョンがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デ・クーニングの関連情報