コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・クーニング Willem de Kooning

世界大百科事典 第2版の解説

デ・クーニング【Willem de Kooning】

1904‐97
アメリカの画家。抽象表現主義の代表的作家。オランダロッテルダムに生まれ,〈デ・ステイル〉の運動にふれた後,1926年アメリカに渡る。29年ゴーキーと出会い,ともにピカソに刺激される。またポロックの作品に形態の抽象化を学ぶ。50年から描きはじめた〈女〉シリーズは,醜悪な肉塊女体を激しい筆触で描き,実存主義的な人間像として話題を呼んだ。以後,剛直な筆触で抽象度をつよめた奔放な画面を描いたが,その根底には,肉体と風景を重ね合わせたビジョンがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デ・クーニングの関連キーワードカラー=フィールド・ペインティングアクション・ペインティングアムステルダム市立美術館トム ウェッセルマンフランケンサーラーローゼンバーグアンフォルメルデ・クーニングデ・ステイルアメリカ美術ノーランド女と自転車世界文化賞4月24日マリソル現代美術抽象美術シスキン女 I

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android