コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥバ トゥバTïva

3件 の用語解説(トゥバの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

トゥバ(Tïva)

ロシア連邦にある22の共和国の一。モンゴル北西部に接し、トゥバ人が多く住む。首都はクズル。かつてはモンゴルロシア帝国の支配を受けたがロシア革命を機に独立。1944年にソ連に編入され自治共和国に、ソ連崩壊後に共和国となった。トゥヴァ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

トゥバ

ロシア連邦の一共和国で,モンゴルと国境を接する南シベリアにあり,面積17万km2。主都キジル。人口31万7100人(2010)中,トゥバ人64%,ロシア人32%。
→関連項目オルティン・ドーシベリアボグン・ドー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥバ
とぅば
Тува Tuva

ロシア連邦中部にあるトゥイバТыва/Tva共和国の旧称。1921年にタンヌ・トゥバ人民共和国として独立、26年にトゥバ人民共和国に名称を変更し、44年にロシア連邦社会主義共和国に属するトゥバ自治州となった。その後、61年にトゥバ自治ソビエト社会主義共和国に昇格し、91年のソ連崩壊に伴いトゥバ共和国になり、94年に現在のトゥイバ共和国となった。[上野俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トゥバの関連情報