コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥブカル[山] Jabal Ṭubqāl

世界大百科事典 第2版の解説

トゥブカル[山]【Jabal Ṭubqāl】

モロッコを東西に走る3列のアトラス山脈のうち,中央を走る高アトラス山脈中の最高峰で,標高4165m。北アフリカの最高峰でもある。山容は急峻で,3700m以上には圏谷(カール)が見られる。1941年以来国立公園に指定されており,冬季にはスキーができる。マラケシュが登山口である。【藤井 宏志】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトゥブカル[山]の言及

【アトラス[山脈]】より

…アフリカ北西端,モロッコからアルジェリア,チュニジアにまたがる大山脈の総称。長さは約2400kmで,最高峰はモロッコにあるトゥブカル山(4165m)。地質的には,その大部分はアルプスやヒマラヤの隆起と同時期にあたる第三紀初期の造山運動による褶曲(しゆうきよく)山脈である。…

※「トゥブカル[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android