トゥブカル[山](英語表記)Jabal Ṭubqāl

世界大百科事典 第2版の解説

トゥブカル[山]【Jabal Ṭubqāl】

モロッコを東西に走る3列のアトラス山脈のうち,中央を走る高アトラス山脈中の最高峰で,標高4165m。北アフリカの最高峰でもある。山容は急峻で,3700m以上には圏谷(カール)が見られる。1941年以来国立公園に指定されており,冬季にはスキーができる。マラケシュが登山口である。【藤井 宏志】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトゥブカル[山]の言及

【アトラス[山脈]】より

…アフリカ北西端,モロッコからアルジェリア,チュニジアにまたがる大山脈の総称。長さは約2400kmで,最高峰はモロッコにあるトゥブカル山(4165m)。地質的には,その大部分はアルプスやヒマラヤの隆起と同時期にあたる第三紀初期の造山運動による褶曲(しゆうきよく)山脈である。…

※「トゥブカル[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android