コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トッツィ トッツィ Tozzi, Federigo

2件 の用語解説(トッツィの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トッツィ
トッツィ
Tozzi, Federigo

[生]1883.1.1. シエナ
[没]1920.3.21. ローマ
イタリアの詩人,小説家。『緑の牧笛』 La zampogna verde (1911) など,初期詩集にはダンヌンツィオロシア神秘主義の影響が強い。のちにピランデッロの主宰する雑誌を編集。小説に『目を閉じて』 Con gli occhi chiusi (20) ,『3つの十字架』 Tre croci (20) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トッツィ
とっつぃ
Federigo Tozzi
(1883―1920)

イタリアの小説家。シエナ近郊の父親の農場で病弱と粗暴な父親との確執ゆえに不安な少・青年期を送る。文学形成は独習によったが、一時鉄道に勤め、父親の死後、農場を継ぐべき故郷へ帰った。友人とともに『塔』誌を創刊、行動的カトリシズムの再建を唱えた。1914年ローマへ出て19年に自伝小説『目を閉じて』を発表、ピランデッロとボルジェーゼの評価を得たが、精神的な焦燥と経済的な苦境は変わることなく、翌年肺病で急逝。没後出版の二作『三つの十字架』(1920)、『農場』(1921)によって、第一次世界大戦直後の小市民層のいわく言い難い不安を表現した作家として、遅まきながら真価を認められた。[古賀弘人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トッツィの関連キーワード組合せ階乗差分方程式数値積分スターリングの補間公式リーマン幾何学シエナ・ウインド・オーケストラ阿部よしゑグイード・ダ・シエナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トッツィの関連情報