コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トッツィ Tozzi, Federigo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トッツィ
Tozzi, Federigo

[生]1883.1.1. シエナ
[没]1920.3.21. ローマ
イタリアの詩人,小説家。『緑の牧笛』 La zampogna verde (1911) など,初期詩集にはダンヌンツィオやロシア神秘主義の影響が強い。のちにピランデッロの主宰する雑誌を編集。小説に『目を閉じて』 Con gli occhi chiusi (20) ,『3つの十字架』 Tre croci (20) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トッツィ
とっつぃ
Federigo Tozzi
(1883―1920)

イタリアの小説家。シエナ近郊の父親の農場で病弱と粗暴な父親との確執ゆえに不安な少・青年期を送る。文学形成は独習によったが、一時鉄道に勤め、父親の死後、農場を継ぐべき故郷へ帰った。友人とともに『塔』誌を創刊、行動的カトリシズムの再建を唱えた。1914年ローマへ出て19年に自伝小説『目を閉じて』を発表、ピランデッロとボルジェーゼの評価を得たが、精神的な焦燥と経済的な苦境は変わることなく、翌年肺病で急逝。没後出版の二作『三つの十字架』(1920)、『農場』(1921)によって、第一次世界大戦直後の小市民層のいわく言い難い不安を表現した作家として、遅まきながら真価を認められた。[古賀弘人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トッツィの関連キーワードポラック(Sydney Pollack)ダスティン ホフマンジーナ デービスジェシカ ラングビル マレーテリー ガートリノ王宮ビレンキグロリアホフマンポラック1月1日屋根

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トッツィの関連情報