コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トップレベルドメイン とっぷれべるどめいん

3件 の用語解説(トップレベルドメインの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

トップレベルドメイン

インターネットで使用されるドメイン名の中で、「com」や「org」、「jp」などで表される末尾の文字列のこと。ドメイン名は「.」(ピリオド)で区切り、右端から順に、トップレベルドメイン、セカンドレベルドメイン、サードレベルドメインという呼び方をする。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トップレベル‐ドメイン(top-level domain)

インターネット上のドメインのうち、comやjpなど、ピリオドで区切られた文字列の最後尾の部分。階層構造をもつドメイン名の最上位にあたる。国や地域を表すccTLD、企業などの組織が利用するgTLDがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トップレベルドメイン
とっぷれべるどめいん
top level domain

インターネット上の住所(アドレス)を表す文字列であるドメインのうち、「.」(ドット)でくぎった際の末尾(一番右)に表示される項目。「TLD」と略される。国名を表す「jp」(日本)、「us」(アメリカ合衆国)、「cn」(中国)などのほか、「org」(非営利団体)、「com」(商業団体)などのgTLD(generic top level domain)とよばれる一般的なものや、特殊な「mil」(アメリカ軍)、「int」(国際機関)といった種類がある。世界のドメインやIPアドレスなどを管理・調整する民間非営利の国際団体ICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers、本部アメリカ)では、gTLDを22種に限定していた。これは、TLDの運営はTLDごとに単一の機関(たとえば「jp」日本の運営は株式会社日本レジストリサービスJPRS:Japan Registry Services Co., Ltd.が行っている)に任せることになっており、TLDが乱立すると、その安定運営に支障がでるおそれがあったためである。しかし、2011年6月に企業名や地名、一般名称などを自由に導入できる「ドメインの自由化」を決めた。英語以外の漢字や平仮名片仮名などすべての文字の表記が可能になる。2012年1月から4月までにICANNに申請し、審査を受けて、適用は2013年の第1四半期ごろになる見通しである。新しいgTLDの獲得には、安易な登録を防ぐため、審査費などとして18万5000ドルが必要となる。ドメインの自由化で、一般利用者が便利になるほか、民間企業や自治体、団体・組織などの宣伝・認知効果が高まると期待されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トップレベルドメインの関連キーワードサブドメインレジストラー2LDdot-comdot-NETインターネットスラングdot-govdot-bizdot-mil

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トップレベルドメインの関連情報