コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トップレベルドメイン とっぷれべるどめいん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

トップレベルドメイン

インターネットで使用されるドメイン名の中で、「com」や「org」、「jp」などで表される末尾の文字列のこと。ドメイン名は「.」(ピリオド)で区切り、右端から順に、トップレベルドメイン、セカンドレベルドメイン、サードレベルドメインという呼び方をする。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トップレベル‐ドメイン(top-level domain)

インターネット上のドメインのうち、comやjpなど、ピリオドで区切られた文字列の最後尾の部分。階層構造をもつドメイン名の最上位にあたる。国や地域を表すccTLD、企業などの組織が利用するgTLDがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トップレベルドメイン
とっぷれべるどめいん
top level domain

インターネット上の住所(アドレス)を表す文字列であるドメインのうち、「.」(ドット)でくぎった際の末尾(一番右)に表示される項目。「TLD」と略される。国名を表す「jp」(日本)、「us」(アメリカ合衆国)、「cn」(中国)などのほか、「org」(非営利団体)、「com」(商業団体)などのgTLD(generic top level domain)とよばれる一般的なものや、特殊な「mil」(アメリカ軍)、「int」(国際機関)といった種類がある。世界のドメインやIPアドレスなどを管理・調整する民間非営利の国際団体ICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers、本部アメリカ)では、gTLDを22種に限定していた。これは、TLDの運営はTLDごとに単一の機関(たとえば「jp」日本の運営は株式会社日本レジストリサービスJPRS:Japan Registry Services Co., Ltd.が行っている)に任せることになっており、TLDが乱立すると、その安定運営に支障がでるおそれがあったためである。しかし、2011年6月に企業名や地名、一般名称などを自由に導入できる「ドメインの自由化」を決めた。英語以外の漢字や平仮名、片仮名などすべての文字の表記が可能になる。2012年1月から4月までにICANNに申請し、審査を受けて、適用は2013年の第1四半期ごろになる見通しである。新しいgTLDの獲得には、安易な登録を防ぐため、審査費などとして18万5000ドルが必要となる。ドメインの自由化で、一般利用者が便利になるほか、民間企業や自治体、団体・組織などの宣伝・認知効果が高まると期待されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トップレベルドメインの関連キーワードInterNIC地域型ドメイン名日本語ドメイン名dotnamedotinfoドメインネームdotcom.tokyodotprodotNETdotgovdotedudotmildotbizdotorgsTLD.bizDNS

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android