コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラルネパントラ Tlalnepantla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラルネパントラ
Tlalnepantla

正式名称はトラルネパントラデコモンフォルト Tlalnepantla de Comonfort。メキシコ中部,メキシコ州北東部の都市。メキシコ市の北北西約 10km,標高約 2280mの地にあり,トラルネパントラ川にのぞむ。かつては農牧地帯の中心地であったが,メキシコ市の発展に伴ってその近郊工業都市となり,現在製鉄,化学,機械,電気器具などの工業が立地する。スペイン征服前にインディオのオトミ族が建設した町で,のちアステカ族が征服した。市内で当時の遺構が発掘されているほか,近郊にアステカ族の造ったピラミッドをもつテナユカ遺跡やサンタセシリア遺跡がある。人口 70万 3162 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラルネパントラ
とらるねぱんとら
Tlalnepantla de Comonfort

メキシコ中部、メヒコ州中部の都市。人口4万5575(1978)。首都メキシコ市の北北西13キロメートルにある衛星・住宅・工業都市。農業・畜産地帯の中心地であったが、首都の拡大に伴って発展した。水銀・錫(すず)・アンチモンの精錬、鉄・銅の鋳造、機械、化学、電気器具などの工業がある。鉄道交通の要地でもあり、メキシコ中央高原のケレタロ、サン・フアン・デル・リオ方面への出発地。アステカ王国の支配下にあったため遺跡が残り、付近にピラミッドがある。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トラルネパントラの関連キーワードアンチモン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android