トランプ類税(読み)トランプるいぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

麻雀,トランプ,花札株札,虫札,ホーム麻雀,ドミノなどのトランプ類を課税物件とする間接国税一種。トランプ類法 (昭和 32年法律 173号) によって規定されていたが,消費税導入に伴い,1989年4月1日をもって廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トランプ類税法(昭和32年法律173号)に基づいてトランプ類に対して課された国税で、1989年(平成1)4月の消費税導入とともに廃止された。トランプ類に対する課税は、すでに1902年(明治35)に制定された骨牌(こっぱい)税法により実施されていたが、57年にトランプ類税法として全文改正され、89年の廃止まで続いた。

 課税物件は、麻雀(マージャン)、トランプ、花札、株札、虫札、および使用の目的や遊戯の方法がこれらのトランプ類に類するもので政令で定められた。課税標準はトランプ類の数量であり、一組につきいくらという従量税であった。

[林 正寿]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 トランプ・マージャン牌・花札などに対して課された国税。消費税の性質をもつ。旧称、骨牌(こっぱい)税。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のトランプ類税の言及

【骨牌】より

…しかし,時代がすすむにつれて,他の新興の遊戯類の流行と繁栄に押されてしだいに消滅し,今日では,花札,かぶ札,それに〈てほんびき〉に用いられる札などを残すのみとなった。なお,1902年に施行された骨牌税が57年トランプ類税となり,トランプ,花札,かぶ札など一定範囲のものを国内で販売するときには税金が課せられる。
[教育系かるた]
 平安時代から行われた貝覆は,江戸時代初期になって天正かるたの影響をうけて,従来の貝殻から紙製に変わり,〈歌がるた〉〈絵合せかるた〉が生まれたと考えられる。…

※「トランプ類税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android