コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリリング Trilling, Lionel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリリング
Trilling, Lionel

[生]1905.7.4. ニューヨーク
[没]1975.11.5. ニューヨーク
アメリカの英文学者,批評家。コロンビア大学卒業。『ケニヨン・レビュー』誌などで批評活動をするかたわら,母校の英文学教授をつとめた。評伝『マシュー・アーノルド』 Matthew Arnold (1939) は心理学,政治学などの理論を取入れた力作。ほかに評伝『E.M.フォースター』 E. M. Forster (43) ,評論集『自由な想像力』 The Liberal Imagination (50) ,『文化のかなた』 Beyond Culture (65) ,『誠実と真正』 Sincerity and Authenticity (72) などがあり,新批評より幅広い活動を示す。また『文学の経験』 The Experience of Literature (67) などの批評アンソロジーを編み,小説『旅路のさなか』 The Middle of the Journey (47) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリリング
とりりんぐ
Lionel Trilling
(1905―1975)

アメリカの批評家。ニューヨーク出身。コロンビア大学卒業。40年余り母校で英文学を講じる一方、『ケニヨン・レビュー』『パーティザン・レビュー』誌などで批評活動を行う。精神分析学、人類学、政治学などを援用して主として自我と文化環境の緊張関係を考察する。主著は『マシュー・アーノルド』(1939)、『E・M・フォースター』(1943)、『自由な想像力』(1950)、『文化を超えて』(1965)、『誠実と真正』(1972)。ほかに思想小説『旅路のなかばに』(1947)がある。[島田太郎]
『斎藤数衛訳『旅路のなかばに』(1958・荒地出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トリリングの関連キーワード7月4日ケニヨン自叙伝評伝

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トリリングの関連情報