誠実(読み)せいじつ

精選版 日本国語大辞典「誠実」の解説

せい‐じつ【誠実】

〘名〙 (形動)
まごころがあっていつわりがなくまじめなこと。また、そのさま。
※本朝無題詩(1162‐64頃)九・秋日双輪寺即事〈藤原基俊〉「倩聞空王誠実理、浮生寵辱夢間心」
※古活字本毛詩抄(17C前)九「是は文王の誠実の心があって臣下を召て饗燕の礼を行るるやうなぞ」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「どこ迄も誠実で軽薄な所がないから」 〔新唐書‐思復伝〕
② ほんとうであること。また、そのさま。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「君牛肉は至極御好物とすゐさつのウ仕るが、僕なぞも誠実(セイジツ)(〈注〉マコトニ)賞味いたすでござる」 〔後漢書‐賈淑伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「誠実」の解説

せい‐じつ【誠実】

[名・形動]私利私欲をまじえず、真心をもって人や物事に対すること。また、そのさま。「誠実な人柄」
[派生]せいじつさ[名]
[類語]篤実真摯忠実至誠信実篤厚正直実直じっちょく実体じってい真率しんそつ善良朴直律儀りちぎ真っ正直馬鹿正直大まじめまじめ几帳面生まじめくそまじめ愚直四角四面質実堅実堅気かたぎ謹厳生一本一本気勤勉義理堅い義理立て良心的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「誠実」の解説

【誠実】せいじつ

まごころ。〔旧唐書、韓思復伝〕時に山東に蝗蟲大いにる。~思復以爲(おもへ)らく、蝗蟲は是れ天災、當にを修め之れを穰(はら)ふべし。~上して曰く、~むらくは陛下責躬、~上下同心、君臣一、此の實を持して、以て休咎天咎)にへよ。

字通「誠」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android