誠実(読み)せいじつ

精選版 日本国語大辞典「誠実」の解説

せい‐じつ【誠実】

〘名〙 (形動)
① まごころがあっていつわりがなくまじめなこと。また、そのさま。
※本朝無題詩(1162‐64頃)九・秋日双輪寺即事〈藤原基俊〉「倩聞空王誠実理、浮生寵辱夢間心」
※古活字本毛詩抄(17C前)九「是は文王の誠実の心があって臣下を召て饗燕の礼を行るるやうなぞ」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「どこ迄も誠実で軽薄な所がないから」 〔新唐書‐韓思復伝〕
② ほんとうであること。また、そのさま。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「君牛肉は至極御好物とすゐさつのウ仕るが、僕なぞも誠実(セイジツ)(〈注〉マコトニ)賞味いたすでござる」 〔後漢書‐賈淑伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「誠実」の解説

せい‐じつ【誠実】

[名・形動]私利私欲をまじえず、真心をもって人や物事に対すること。また、そのさま。「誠実な人柄」
[派生]せいじつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android