コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルナバ Trnava

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルナバ
Trnava

ドイツ語ではティルナウ Tyrnau。スロバキア西部の都市。ブラチスラバの北東約 45kmに位置し,周囲は平野部。7世紀に建設され,13世紀以降都市として発達。 16世紀にはオスマン帝国の北上に対してハンガリーとスロバキアの文化を守り,スロバキアのカトリックの中心地となった。 14世紀のゴシック様式聖堂,17世紀のバロック様式聖堂,16世紀の塔,中世の城壁など,歴史的,文化的遺物に富み,スロバキアのローマとも呼ばれていた。西スロバキア地方博物館には重要な民俗的コレクションがある。人口7万 1641 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トルナバ【Trnava】

スロバキア西部にある古都。人口7万(1996)。家電工業,鉄道関連工業のほか,自動車組立て工場,精糖工場,煉瓦製造所などがある。1972年にこの町の北のヤスロフスケー・ボフニツェJaslovské Bohuniceにはスロバキア最初の原子力発電所ができた。町は13世紀に創立。オスマン・トルコのハンガリー占領後,ここに大司教座が置かれ,18世紀までハンガリー教会支配の中心となる。1635年にエステルゴムの大司教パーズマーニュによってペシュト大学の前身たるトルナバ大学が建てられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トルナバ
とるなば
Trnava

スロバキア西部、トルナバ県の県庁所在地。人口7万0286(2001)。ドナウ川流域平野北側のトルナバ台地に位置する。スロバキアではもっとも古く1238年に市の権利を獲得した。16世紀にはハンガリー王国カトリック教会の中心地となり、17世紀にカトリック系の大学が開設された。大司教座が置かれ、ゴシック様式の二重尖塔(せんとう)をもつ聖ミクラーシ教区教会をはじめ、多くの宗教施設がある。食品、自動車(貨物)、建築資材工業などがあるほか、ソニーが進出しテレビ部品の生産を行っている。1991年新設のトルナバ大学に加え、ブラチスラバの技術大学と経済大学、ニトラの教育大学がそれぞれ1学部設置されている。[木村英明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android