トルートンの規則(読み)トルートンのきそく(英語表記)Trouton's rule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルートンの規則
トルートンのきそく
Trouton's rule

沸点における液体 1molの蒸発エントロピー S(気化熱 L と沸点の絶対温度 T との比)はすべての液体についてほぼ一定で,SL/T≒21cal/mol・Kであるという規則。1884年 F.T.トルートンが提唱した近似的な実験法則である。会合や解離した液体(水やアルコール),沸点が低い液体(アルゴンや酸素)に対しては成り立たない。1915年 J.ヒルデブラントは,蒸気の濃度が(1/22.4)mol/l になる温度における蒸発エントロピーはすべての液体についてほぼ一定値をとる,という低沸点気体に対しても成り立つ改訂規則を提唱した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

トルートンの規則【Trouton's rule】

非会合性の液体については,モル蒸発潜熱を絶対温度で割った比は,ほぼ22cal/K(≒90J/K)に等しい.トルートンの法則*,あるいは「トルートンの通則」と記してあるテキスト類もある.

これは近似的な実験法則で,さらに近似度を向上させたものとして,ヴァルテンベルクの式*ツェーデルベルクの式*などがある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android