コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トワイライトエクスプレス瑞風 とわいらいとえくすぷれすみずかぜTWILIGHT EXPRESS MIZUKAZE

知恵蔵の解説

トワイライトエクスプレス瑞風

西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)が運行を予定する寝台列車。2017年春から、京阪神と山陽・山陰エリアを結び、運行中に沿線での立ち寄り観光を実施する。
トワイライトエクスプレス」は、1989年から運行を始めた、大阪駅と札幌駅を結ぶ寝台特急列車の名称。同列車は運行開始直後の数カ月は団体専用列車として、後には特定日のみダイヤを持つ臨時列車として2015年3月12日まで運行された。往年のオリエント急行を彷彿(ほうふつ)させる豪華車両が人気を呼んだが、車両の老朽化や青函トンネルの新幹線通過、経由路線の一部がJRから移管されるなどの環境の変化により、その歴史を閉じた。この列車の名を冠したのが、新たに運行予定の瑞風である。トワイライトエクスプレスと同様に車体色を深緑色にしたり、トワイライトエクスプレスが使用していたヘッドマークの天使のデザインをロゴに採用したりと、歴史を受け継ぐ列車であることを強調している。なお、「瑞風」は、みずみずしい風、吉兆を表す風との意を持ち、「瑞穂の国」と呼ばれる美しい日本に、新しいトワイライトエクスプレスという風が幸せを運んでくるという情景をイメージして名付けられたという。
JR西日本は「美しい日本をホテルが走る。~上質さの中に懐かしさを~」と掲げており、著名なインテリアデザイナーや工業デザイナーが企画設計に関わる。食堂車では、フードコラムニストがプロデュースし、当代きっての料理人たちが監修する料理が供される。車両は10両編成で定員は約30人、食堂車、ラウンジカーが連結される。編成の前後両端には展望スペースが設けられ車窓から前後左右が望め、後尾ではオープンエアのデッキに出ることもできる。客室車は各3室の車両が5両、もう1両は1室のみで占有し(一部の通路は車室下のダブルデッカー部分を通る)、バスルームも備える世界でもまれな客室になる。
車窓から西日本に広がる原風景を楽しみ、日本の素晴らしさを再発見してもらうのが狙いで、決まった経路は走らない。同様の周遊型の運行スタイルをとる列車としては、JR九州のななつ星in九州が13年10月から九州圏での観光運行を開始しており、高額な価格設定ながら好評を博している。かつての寝台車の「早く安く遠くの目的地へ」という利点が、隆盛を極めるLCCや夜行バスにより奪われる中、列車の旅そのものを楽しむという方向性を目指したものと評される。

(金谷俊秀 ライター/2015年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

トワイライトエクスプレス瑞風

大阪―札幌駅間の定期運行を2015年3月に終えたJR西日本の寝台列車「トワイライトエクスプレス」の名前を受け継いだ豪華寝台列車。10両編成で客室6両(16室、最大34人)と展望車2両、ラウンジカー、食堂車がある。 京都・大阪―下関駅間を山陽、山陰側のいずれか片道で巡る1泊2日のコースと、京都・大阪駅を出発して山陽、山陰両方を周遊する2泊3日のコースがある。1日1カ所で途中下車して観光する。 1人あたりの料金は25万円から。1両1室のスイートは56万~125万円。運行は6月17日から。9月分までの予約を1月末まで受け付けている。詳細はJR西の専用ホームページ(http://twilightexpress-mizukaze.jp/)。問い合わせはツアーデスク(0570・00・3250)。

(2017-01-13 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トワイライトエクスプレス瑞風の関連情報