コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドアーブ ドアーブDoāb

2件 の用語解説(ドアーブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドアーブ
ドアーブ
Doāb

ウルドゥー語,ヒンディー語で「2つの川」を意味し,インドでは一般にガンジス川とその支流ジャムナ川とにはさまれた地域をさす。ムザファルナガル,メールート,アリーガルなどの都市が立地し,周縁部には,カーンプル,アラーハーバード,デリーアーグラなど,歴史,政治上に重要な大都市が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドアーブ【Doāb】

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州の西部,ガンガー(ガンジス)川とヤムナー(ジャムナー)川の二大河川に挟まれた河間平野をいう。インド亜大陸で〈ドdo〉はウルドゥー語とヒンディー語の〈2〉を,また,〈アーブāb〉は〈水〉を意味し,一般的に2本の河川に挟まれた河間地域の地名として,二つの河川名をつけて呼ぶことが多い。ドアーブ地方は,正しくはガンガー・ヤムナー・ドアーブと呼ばれ,きわめて低平で肥沃な沖積平野である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のドアーブの言及

【バラモン】より

… アーリヤ人が部族を単位とする生活を送っていた前期ベーダ時代に,すでに司祭職は世襲される傾向がみられた。アーリヤ人がガンガー(ガンジス)上流域(ドアーブDoāb)に進出し農耕社会を完成させた後期ベーダ時代に,祭式の重要性はいっそう高まったが,この時代に司祭階級は祭式を複雑に発達させてこれを独占し,〈人間の姿をした神〉とまで主張するにいたった。そして内婚規制を強めて排他的集団を形成し,4バルナの第1の地位を獲得した。…

【バラモン】より

… アーリヤ人が部族を単位とする生活を送っていた前期ベーダ時代に,すでに司祭職は世襲される傾向がみられた。アーリヤ人がガンガー(ガンジス)上流域(ドアーブDoāb)に進出し農耕社会を完成させた後期ベーダ時代に,祭式の重要性はいっそう高まったが,この時代に司祭階級は祭式を複雑に発達させてこれを独占し,〈人間の姿をした神〉とまで主張するにいたった。そして内婚規制を強めて排他的集団を形成し,4バルナの第1の地位を獲得した。…

【パンジャーブ】より

…この最低所に向けて諸河川が流下するため,水系網はここをかなめとする扇形を描く。水系網の河間の地がドアーブdoāb(〈二つの川〉の意)で,多くは両側を流れる河川名にちなむ名をもつ。ドアーブは河流沿いのベートbethと呼ばれる狭長な新しい沖積低地と,その背後の比高6~10mの崖によって画されるバルbarと呼ばれる古い沖積台地からなる。…

※「ドアーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone