コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドクサ ドクサdoxa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドクサ
doxa

臆見」を意味するギリシア語。エピステメの対立概念。低次の認識を意味する語としてドクサを初めて使ったのはクセノファネスであるが,永遠不変の存在についての真なる確証に対して,感覚に基づくドクサを立てたのはパルメニデスである。プラトンは後者の思想をうけて,真実在についての知識 (エピステメ) と感覚的事象を対象とするドクサを認識論的存在論的に峻別,さらにドクサを感覚的個物に対する確証と感覚的個物の似像に対するエイカシアに区別した。アリストテレスはこれに対して存在論的区別を退け,エピステメを一般者ないし必然的なものについての判断とし,ドクサを感覚的個物にかかわるものとしている。エピクロス派では感覚そのものは真と認めるが,感覚に近い自発的な精神作用であるドクサには感覚の明証性の限界を踏越えて誤謬の可能性があるとしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ドクサ(〈ギリシャ〉doxa)

プラトンが、イデアによる知識であるエピステーメーに対し、一段下の感覚による知識(根拠のない主観的信念)をさして呼んだ語。臆見(おっけん)。思い做(な)し。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ドクサ【doxa】

〘哲〙 プラトン・アリストテレスが学的な理性的知識であるエピステーメー(=認識)に対立させて、単なる感覚的知覚・日常的意見をさして呼んだ語。臆説。臆見おつけん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のドクサの言及

【エピステーメー】より

…ラテン語のスキエンティアscientia(英語のscienceの語源)にあたるギリシア語。もともとは〈ドクサdoxa〉つまり蓋然的な見解と対立し,とくにプラトンにおいて真実在に対する学問的で厳密な知を意味した。現代哲学においては,フランス構造主義とりわけM.フーコーによって新しい意味を与えられた。…

【知識】より

…知識とは,したがって,より正確には,ものごとを〈見分け〉〈わきまえ〉(わき=分き)て〈しる〉こと,またとりわけ,そのようにして知られ,ないしは領られた内容を意味するということができよう。
[知識の確実性,科学的知識]
 知識は,以上のことからして,当然,個人的な思いなしあるいは臆見(ドクサdoxa)とは区別される。思いなしあるいは臆見は,ものごとのありようを正確に見分け,識別して,領り,支配する域には達していないと考えられるからである。…

※「ドクサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドクサの関連キーワードミズスギナ(水杉菜)ヤブシメジ(藪占地)イヌドクサ(犬砥草)ギリシア哲学/用語フクイベナートルヘアリーベッチチオノドクサシロサバフグドクササコネズミゴチミメーシスヤケドタケヤブシメジサバフグ大島麻衣有毒菌類毒キノコネズッポ杉菜木賊朝鮮木賊

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android