コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドプチェク ドプチェクDubček, Alexander

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドプチェク
Dubček, Alexander

[生]1921.11.27. ウフロベツ
[没]1992.11.7.
チェコスロバキアの政治家。スロバキア人。共産党員の父とともに 1925~38年ソ連で生活。帰国後鍛冶工となり,39年共産党に入党。対独抵抗運動に参加。第2次世界大戦後党地区書記。 55~58年ソ連に留学,58年党中央委員,60年党書記,62年党中央委員会幹部会員,兼スロバキア党中央委員会幹部会員兼書記。 63年1月スロバキア党中央委員会第一書記に就任。 68年1月民主化要求の波に押され,A.ノボトニーに代ってチェコスロバキア党第一書記になり,「人間の顔をした社会主義」を提唱。政治犯の釈放,検閲の廃止などの政治的・経済的自由の拡大を促進し,「プラハの春」をもたらした。しかしこの自由化政策はワルシャワ条約機構による軍事介入を招き,彼は 69年4月に解任され,連邦議会議長,トルコ駐在大使に転出後,70年に職を追われ,党からも除名された。その後ブラチスラバ営林署監督官として勤務。 74年「ドプチェク書簡」を発表。 89年民主化運動のなかで名誉回復,連邦議会議員,議長となる。 92年退任,スロバキア社会民主党党首。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ドプチェク(Alexander Dubček)

[1921~1992]チェコスロバキアの政治家。1968年チェコスロバキア共産党の第一書記となり、「プラハの春」として知られる改革を推進したが、ソ連の武力介入によって翌年辞任、政界から抹殺された。1989年の民主化により復権、連邦議会議長となった。ドゥプチェク

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ドプチェク【Alexander Dubček】

〔ドゥプチェクとも〕 (1921~1992) チェコスロバキアの政治家。1968年党第一書記となり、人間の顔をした社会主義を提唱。「プラハの春」を指導するがソ連の武力介入を招来、政界から抹殺される。89年名誉回復。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドプチェク
どぷちぇく
Alexander Dubek
(1921―1992)

チェコスロバキアの政治家。スロバキアのウフロベチ出身。幼時に共産党員の父に伴われてソ連に移住。1938年に帰国し、翌1939年共産党に加入、1941年からシュコダ工場熟練工となり、1944年のスロバキア対独蜂起(ほうき)に参加した。第二次世界大戦後、地区の党書記を務め、1955~1958年にはモスクワの党学校で学んだ。1958年ブラチスラバ地区党書記、1962年に党政治局員に昇進した。民主化要求が高まるなかで、1963年にスロバキア党第一書記に選出された。1968年1月に辞任したノボトニーにかわって党第一書記に就任すると、人事一新、検閲廃止などの「プラハの春」の改革を推進した。同年8月ソ連の軍事介入(チェコ事件)の際モスクワに連行され、「正常化」を約束して帰国した。1969年4月に党第一書記を解任され、一時駐トルコ大使となったが、1970年には党籍を剥奪(はくだつ)され、ブラチスラバの森林監視企業に勤務した。1989年12月、民主化改革運動のなか名誉回復、チェコ連邦議会議長に選出される。1991年3月社会民主党に入党。1992年6月議長を退任、スロバキア社会民主党党首となる。同年交通事故に巻き込まれ死亡。[木戸 蓊]
『Z・ムリナーシ著、三浦健次訳『夜寒――プラハの春の悲劇』(1980・新地書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドプチェクの関連キーワードヴェナイト安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼ小協商新教育モンゴル文学チャモロ[家]バレンチノ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドプチェクの関連情報