コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドミトリー・ドンスコイ Dmitrii Donskoi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドミトリー・ドンスコイ
Dmitrii Donskoi

[生]1350.10.19. モスクワ
[没]1389.5.26. モスクワ
ロシアのモスクワ大公 (在位 1359~89) 。ディミトリー・ドンスコイとも表記される。イワン2世 (柔和公) の子。即位当初はモスクワ府主教アレクセイの指導のもとに統治。モスクワ大公国の順調な経済発展,ロシア教会との密接な関係を背景に,北東ロシアの長上権であるウラジーミル大公位をめぐる争いで他の諸公国を圧倒。 1367年にはモスクワの城塞 (→クレムリン ) を石造にし,リトアニア (リトワ) 大公オリゲルドの2度にわたるモスクワ攻撃を撃退。また 78年にはモスクワ大公として初めてキプチャク・ハン軍に戦いを挑み,80年にはドン川上流域クリコボの野にハン国の事実上の支配者であったママイ・ハンの大軍を激戦の末破った (→クリコボの戦い ) 。ドンスコイという名称はこの戦いにおける勝利に由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドミトリー・ドンスコイ
どみとりーどんすこい
Дмитрий Донской Dmitriy Donskoy
(1350―1389)

ロシアのモスクワ大公(在位1359~89)。イワン2世の子。幼少のころは府主教アレクセイが摂政(せっしょう)を行った。ドミトリーは、モスクワ大公国の強化に努め、トベーリやリャザニを抑えてモスクワに大公位を確保する一方、リトアニアの東方進出を阻んだ。だがもっとも重要なのは、1380年ドン川河畔のクリコボにおいて、キプチャク・ハン・ママイの率いるタタールの大軍を破ったことである。この戦いは、いわゆる「タタールの軛(くびき)」に終止符を打つものではなかったが、ロシア人がキプチャク・ハンに対し初めて公然と反抗し、勝利を得た重要な戦いとなった。これ以後、彼は「ドンスコイ(ドン川の)」とよばれるようになった。『ザドンシチナ』はこのときの戦いを題材にした物語である。[栗生沢猛夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドミトリー・ドンスコイの関連キーワードセルギー・ラドネシスキーセルゲイ ボロジンキプレンスキーワシーリー1世ロシア史コサックセルギーボロジン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android