コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モスクワ大公国 モスクワたいこうこく Moskovskoe Velikoe Knyazhestvo

5件 の用語解説(モスクワ大公国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モスクワ大公国
モスクワたいこうこく
Moskovskoe Velikoe Knyazhestvo

モスクワを都とする中世ロシア国家。 13世紀初頭ウラジーミル=スズダリ公国の分裂とともに自立しはじめたが,完全に独自の歩みを進めるようになったのは,アレクサンドル・ネフスキーの子ダニールがここを領有 (1276頃) して以来のことである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モスクワ大公国【モスクワたいこうこく】

13世紀後半北東ロシアに成立したモスクワ公国の後身。1328年イワン1世(イワン・カリタ)のときに大公国となり,1480年には約250年に及ぶ〈タタールのくびき〉を断ち,キプチャク・ハーン国を破って近隣諸国を併合。
→関連項目キエフ・ロシアモスクワリューリク朝ロシア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モスクワたいこうこく【モスクワ大公国 Moskovskoe velikoe knyazhestvo】

中世ロシアの大公国。13世紀後半ウラジーミル大公アレクサンドルネフスキーの末子ダニイルの分領として生まれた。イワン・カリタはじめ歴代の大公のたくみな対タタール政策,ロシア正教会の支持などで急速に発展し,トベーリ公国との競争に勝ってウラジーミル大公位をほぼ独占した。ドミトリードンスコイクリコボの戦でタタールを破り,その後の諸公は再三のリトアニアの干渉も退け,〈北東ロシア〉の統一を進めた。モスクワ・ロシア【鳥山 成人】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モスクワたいこうこく【モスクワ大公国】

一四世紀前半モスクワを中心に成立したロシアの国。近隣の諸公を服属させ、1480年イワン三世のとき、キプチャク汗国の支配を脱し、ロシア帝国の基をなした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モスクワ大公国
もすくわたいこうこく

14~16世紀ロシアの独立と統一を達成した国。13世紀後半に創立されたモスクワ公国は、しだいに北東ロシアで重きをなした。イワン1世(在位1325~40)がキプチャク・ハン国から大公位を獲得(1328)、以後全ロシアの大公として歴代のモスクワ大公は領域の拡張に、またハン国からの独立運動の指導的勢力として活動。とくにイワン3世(在位1462~1505)よりイワン4世(在位1533~84)にかけてハン国よりの独立、キプチャク・ハン国の分裂後の諸ハン国や諸公国の併合により、多民族国家への道を開いた。[伊藤幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモスクワ大公国の言及

【モスクワ】より

…これがクレムリンの起源である。1237‐38年モンゴル・タタールの侵入軍によって砦は破壊されたが,71年にはアレクサンドル・ネフスキーの末子ダニイルDaniil Aleksandrovich(1261‐1303)がこの地を本拠と定め,モスクワ大公国を開いた。当初は眇(びよう)たる小国であったが,モスクワ川を擁して交易路の要衝にあったことと,ダニイルの後を継いだ歴代の支配者の手腕によって,モスクワはしだいに領土を広げ,権威を高めていく。…

【モスクワ・ロシア】より

…モスクワ国家Moskovskoe gosudarstvoともいう。国号はモスクワ大公国ウラジーミル大公国内でのモスクワ公国の発展をうけて,モスクワ大公イワン3世は〈北東ロシア〉(ウラジーミル大公国とノブゴロド)の政治的統一に向かい,〈タタールのくびき〉にも終止符を打った。…

※「モスクワ大公国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モスクワ大公国の関連キーワードウラジーミルСуздальウラジーミル[大公]ウラジーミル大公国ガーリチ・ボルイニ公国スーズダリスモレンスク公国モスクワ・ロシアロストフ・スーズダリ公国ウラジーミルとスーズダリの白い建造物群

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone