コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モスクワ大公国 モスクワたいこうこくMoskovskoe Velikoe Knyazhestvo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モスクワ大公国
モスクワたいこうこく
Moskovskoe Velikoe Knyazhestvo

モスクワを都とする中世ロシア国家。 13世紀初頭ウラジーミル=スズダリ公国の分裂とともに自立しはじめたが,完全に独自の歩みを進めるようになったのは,アレクサンドル・ネフスキーの子ダニールがここを領有 (1276頃) して以来のことである。 14世紀初頭にはコロムナ,ペレヤスラブリ・ザレスキー,モジャイスクなどを合せて急速に拡大。ダニールの子ユーリーは 1318年早くもウラジーミル大公位を獲得。特にイワン1世 (カリタ) はキプチャク・ハン国の助力を得て,宿敵トベーリを圧倒し,モスクワを北東ロシア最強の国とした。 14世紀後半ドミトリー・ドンスコイ公はキプチャク・ハン国の支配に反旗を翻し (→クリコボの戦い ) ,一時ロシアを独立させた。 15世紀に入ると内乱に悩まされたが,イワン3世 (大帝) の治世には,キプチャク・ハン国からの最終的独立が達成され,大公権が強化され,東ロシアのほとんどがモスクワの支配に服した。大公国の発展は,16世紀中頃イワン4世 (雷帝) 治世に成立するモスクワ帝国によって継承される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

モスクワ大公国【モスクワたいこうこく】

13世紀後半北東ロシアに成立したモスクワ公国の後身。1328年イワン1世(イワン・カリタ)のときに大公国となり,1480年には約250年に及ぶ〈タタールのくびき〉を断ち,キプチャク・ハーン国を破って近隣諸国を併合。
→関連項目キエフ・ロシアモスクワリューリク朝ロシア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モスクワたいこうこく【モスクワ大公国 Moskovskoe velikoe knyazhestvo】

中世ロシアの大公国。13世紀後半ウラジーミル大公アレクサンドル・ネフスキーの末子ダニイルの分領として生まれた。イワン・カリタはじめ歴代の大公のたくみな対タタール政策,ロシア正教会の支持などで急速に発展し,トベーリ公国との競争に勝ってウラジーミル大公位をほぼ独占した。ドミトリー・ドンスコイがクリコボの戦でタタールを破り,その後の諸公は再三のリトアニアの干渉も退け,〈北東ロシア〉の統一を進めた。モスクワ・ロシア鳥山 成人】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

モスクワたいこうこく【モスクワ大公国】

一四世紀前半モスクワを中心に成立したロシアの国。近隣の諸公を服属させ、1480年イワン三世のとき、キプチャク汗国の支配を脱し、ロシア帝国の基をなした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モスクワ大公国
もすくわたいこうこく

14~16世紀ロシアの独立と統一を達成した国。13世紀後半に創立されたモスクワ公国は、しだいに北東ロシアで重きをなした。イワン1世(在位1325~40)がキプチャク・ハン国から大公位を獲得(1328)、以後全ロシアの大公として歴代のモスクワ大公は領域の拡張に、またハン国からの独立運動の指導的勢力として活動。とくにイワン3世(在位1462~1505)よりイワン4世(在位1533~84)にかけてハン国よりの独立、キプチャク・ハン国の分裂後の諸ハン国や諸公国の併合により、多民族国家への道を開いた。[伊藤幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のモスクワ大公国の言及

【モスクワ】より

…これがクレムリンの起源である。1237‐38年モンゴル・タタールの侵入軍によって砦は破壊されたが,71年にはアレクサンドル・ネフスキーの末子ダニイルDaniil Aleksandrovich(1261‐1303)がこの地を本拠と定め,モスクワ大公国を開いた。当初は眇(びよう)たる小国であったが,モスクワ川を擁して交易路の要衝にあったことと,ダニイルの後を継いだ歴代の支配者の手腕によって,モスクワはしだいに領土を広げ,権威を高めていく。…

【モスクワ・ロシア】より

…モスクワ国家Moskovskoe gosudarstvoともいう。国号はモスクワ大公国ウラジーミル大公国内でのモスクワ公国の発展をうけて,モスクワ大公イワン3世は〈北東ロシア〉(ウラジーミル大公国とノブゴロド)の政治的統一に向かい,〈タタールのくびき〉にも終止符を打った。…

※「モスクワ大公国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モスクワ大公国の関連キーワードボリス・ゴドゥノフ(プーシキンの劇詩)ウラジーミル=スズダリ公国ノヴォデヴィチ女子修道院群コローメンスコエの昇天教会ノヴォデーヴィッチ修道院三位一体セルギー修道院ドミトリードンスコイイワン2世(柔和公)ワシーリー[3世]フィンランド大公国ノボデビチ修道院農民反乱[西洋]キプチャク大草原イワン[4世]カザン・ハン国ベリキエルーキキプチャク汗国シビル・ハン国イワン[3世]スモレンスク

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android