コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドミナント dominant

翻訳|dominant

百科事典マイペディアの解説

ドミナント

全音階の主音から完全5度上の音。属音とも。これを根音とする三和音,さらにVII度上の和音,III度上の和音の第1転回形など,同じ機能の和音も合わせて属和音とされる。主要三和音としてトニカと並んで調性の決定に関与。
→関連項目短調長調

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のドミナントの言及

【長調】より

…ある調が長調であるか短調であるかは,まず音階の第3度音が主音と長3度をなすか短3度をなすかによって決定される。また近代の機能和声にあっては,トニカ(主和音),ドミナント(属和音),サブドミナント(下属和音)の三つの主要和音がいずれも長3和音であれば長調,短3和音であれば短調ということができる。このような音階の形をそれぞれ長旋法(あるいは長音階),短旋法(あるいは短音階)といい,例えばハ長調はハ音上の長旋法,ハ短調はハ音上の短旋法である。…

【和音】より

…また,長3和音と短3和音の2種のみを協和和音といい,他のすべての和音を不協和音という。なお主要3和音(主和音(トニカ),属和音(ドミナント),下属和音(サブドミナント))などの名は,和音の構造(種類)名ではなく,和声法における機能上の名称である。機能的に解釈すれば,たとえば図のaのハ・ホ・トの和音は,ハ長調では主和音,ヘ長調では属和音,ト長調では下属和音となり,一つの和音が多様に解釈されることとなる。…

【和声】より

…図1はその関係を示しており(ローマ数字は音階の第1音をI度として順にその度数を示したもの),このなかでもI度(主和音),IV度(下属和音),V度(属和音)の三つを,とくに主要3和音という。主和音(トニカ(トニック,T)機能)は,その調の中心和音の機能をもち,これに従属する関係で5度上(4度下)の属和音(ドミナント(D)機能),4度上(5度下)の下属和音(サブドミナント(S)機能)がある(下属和音は5度下の属和音の意味。図2)。…

※「ドミナント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ドミナントの関連キーワードコンビネーション・オブ・ディミニッシュ・スケール[combination of diminish scale]セブンス(・コード)[seventh chord]代理和音[substitute chord]スリー・コード[three chord]サブドミナント[subdominant]関係調[related key]ドミナント[dominant]ケーデンス[cadence]ハイテク・マーケティング三和音 [triad ]ドミナント・デザインマーケティング戦略ドミナント(出店)地域ドミナント戦略ドミナント出店ドミナント規制ドミナント戦略市場集計化戦略支配的事業者ドミナント

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドミナントの関連情報